シアリスの価格は1錠2000円!価格は入手方法によって安くなる

シアリス 価格

「シアリス1錠分はいくらかかるの?」「シアリスは価格が高い!なんとかならないの?」

三大ED治療薬のなかでは、効果の持続時間がずば抜けて長いシアリス。しかし利便性の高さに比例するように、価格も高いという点がネックでした。ところがシアリスの購入方法を上手に選ぶことで、費用を驚くほど安く抑える方法があります。

シアリスを格安な価格で購入する。経済的な負担を抑えて治療する。それを実現するポイントは2つあります。個人輸入(通販)サイトを使った「まとめ買い」と「シアリスのジェネリック薬の活用」です。

ここでは「シアリスの価格の相場」や「購入先の比較」「誰でもできる節約方法」といった、シアリスの価格・費用を上手に節約する情報を3つ紹介します。

シアリスの価格の相場は2,000円

病院で処方されている、シアリス20mgの相場は2,000円です。

シアリスは5mg、10mg、20mgと、用量別に3種類の商品があります。1錠あたりの価格は、5mgが1,600円、10mgが1,800円、20mgが2,000円となっています。全国600以上の医療機関で処方されるシアリスの1錠あたりの平均価格です。

バイアグラやレビトラの平均価格よりも、1錠あたり200円から300円ほど高額です。

参考:ED治療薬の価格ランキング / ED治療病院ナビ

シアリスの販売価格はバラバラ

シアリスには薬価があるものの、医療機関によって価格が異なります。なぜなのでしょうか?

ED治療は健康保険の適用ができない自由診療(自費)だからです。日本国内の病院では、シアリスの薬代をはじめ、診察料(初診料、再診料)、検査費用、処方せん料など、すべて自己負担になります。

ED治療が保険の適用にならない理由は、厚生労働省では「ED治療薬は一時的に勃起不全を改善させるものの、病気自体を治す薬ではない。あくまで生活の質を向上させる生活改善薬である」とし、病気を治す薬として扱っていないからです。

ED治療のように自由診療の扱いを受ける治療は、各医療機関で自由に薬や診察料などの価格を決めることができます。各医療機関で価格を決定できるため、横並びの価格設定ではないのです。

シアリスの治療費を安くおさえるなら個人輸入サイト

シアリスの治療費を一番安く抑えたいなら、個人輸入サイトがおすすめです。

シアリスの入手方法は、大きく分けて2つあります。医療機関で処方してもらう方法か、海外から個人輸入する方法です。注意したいポイントは、両者の方法でかかる費用の総額が異なるところです。

医療機関でシアリスを処方してもらうまでにかかる費用は、シアリスの薬代だけ…では収まりません。薬代以外にも診察料(初診料、再診料)、検査費用、処方せん料などの費用が必要です。

個人輸入でシアリスを入手するまでにかかる費用は、シアリスの薬代だけで収まります。個人輸入なら、医療機関のような診察料はかかりません。宅配の料金は購入先によって、無料と有料が混在しています。

シアリスそのものの価格は、医療機関も個人輸入も大差ありません。単純計算してみると、総額では個人輸入の方が得なのです。とにかく安くシアリスを入手したいなら、薬代だけで入手できる個人輸入の利用をおすすめします。

専門の治療環境が整っているが割高な病院

専門医の診察で根本的なEDの原因をみつけます

病院での治療は、診察料、検査費用など薬代以外の費用が含まれます。治療にかかる総額は割高になります。

しかし病院には、専門の医師やさまざまな検査環境が整っています。薬による対処療法ではなく、根本的な原因を見つけることもできるでしょう。

実際に医師が対面で診る安心感や、密な治療を行えるメリットを考えれば、ある程度の割高感は妥当といえます。

格安で医師の処方を受けられるが稀少な専門医院

専門医院での治療は、診察料(初診料、再診料)など無料のところが多く、薬代以外に費用がかかりません。

専門医院の診察は、病院に比べ簡単な問診だけで済みます。診察時間の短縮がコストカットにつながるため、薬代だけで処方できます。専門医院は、最小限の診察で薬を処方することに特化しています。受付から薬を処方してもらうまで、かかる時間は15分程度というスピード処方です。

専門医院の唯一のデメリットは、大都市での営業が多いところです。全国どこにもあるわけではないのです。

もっとも安く入手できる個人輸入(通販)サイト

シアリスを格安価格で買うならスマートフォンで購入できる個人輸入サイトがおすすめ

個人輸入は、医師の診察を必要としません。かかる費用は薬代だけで済みます。

通販なら通院や診察の必要ありません。スマートフォンさえあれば、いつでもどこでも購入できます。周りの人に知られることなく、医薬品を手に入れられます。

個人輸入のデメリットは、偽物や粗悪品を買ってしまうリスクが付きまとうことです。偽物や粗悪品が出回っている点は見逃せない事実です。

偽物や粗悪品を避けるポイントは、大手の個人輸入サイトを利用することです。利用者の多い大手の個人輸入サイトを利用すれば、偽物や粗悪品に会うリスクは大きく減少します。

シアリスを安く、安全に入手するなら、大手の個人輸入サイトをおすすめします。

参考:偽造バイアグラの危険な正体 日本だけ流通する「ゴールド」の謎 / SankeiBiz

個人輸入を駆使してシアリスを格安で入手する

シアリスは、現在販売されているED治療薬のなかで最も人気のある薬です。

人気の理由は効き目が長く続くことです。シアリスの効果は、短くても24時間、長ければ36時間ほど持続します。シアリスは、食事の影響も受けにくく、服用のタイミングを気にしなくてよい、使い勝手の良いED治療薬です。

シアリスと同等の効果を、格安で手に入れるコツは、個人輸入にあります。

節約ポイント1:まとめ買い割引を狙う

個人輸入サイトには、同一商品の複数購入に値引きが適用される「まとめ買い割引」サービスがあります。

まとめて買う個数によっても、割引率は変わります。一度の会計で多く買えば買うほど、割引率は高くなります。

大手の個人輸入サイトでは、シアリス1錠を2,120円で販売しています。まとめ買いをすることで、1錠あたり1,759円まで安くすることができます。

参考:医薬品等の個人輸入について / 厚生労働省

節約ポイント2:シアリスジェネリックを狙う

シアリスのジェネリック医薬品・シプラ社製のタダシップ20mg

シアリスのジェネリックなら、1錠あたり470円で購入できます。

シアリスのジェネリック薬のなかでも、特に人気を集める商品が「タダシップ」です。タダシップはシアリスと同じ成分「タダラフィル」を主成分とするため、同等の効果が期待できます。

大手の個人輸入サイトではタダシップを、1錠あたり470円で販売しています。シアリスの相場価格(2,000円)と比較すると、四分の一以下の激安価格です。

さらに安く!ジェネリックをまとめ買い

さらにシアリスジェネリック「タダシップ」と「まとめ買い」を併用すれば、1錠あたり167円まで安くなります。

注意したいのは、シアリスのジェネリックは、日本国内で流通していないということです。入手方法は個人輸入サイトを利用する以外にありません。

ED薬による治療は対処療法になるため、治療薬の使用は1回では済みません。どうしても複数回に渡ってシアリスを利用します。シアリス(タダラフィル)を医療機関で継続的に購入すると経済的に大きな負担になります。

シアリスで治療を希望するなら、個人輸入サイトを使ったまとめ買いが最も安く購入できます。シアリスのジェネリックを選択すれば、さらに格安でシアリスと同等の効果が得られるでしょう。

シアリス価格のまとめ

シアリスを格安の価格で購入して経済的な負担をおさえたいなら、個人輸入を利用するのが最も格安で買う方法です。

利用者の多い大手の個人輸入サイトを利用すれば、偽物や粗悪品に会うリスクは減ります。

治療費を節約するためにも、個人輸入で「まとめ買い」や「シアリスのジェネリック」を選択して格安で購入してください。

更新日:2017年07月19日 (公開日:2016年09月12日)