EDの改善は自力で可能!改善方法は運動と食事から

ED 改善

40歳を過ぎた頃から急に「勃起力が落ちたな……」と感じる機会が増えていませんか?

それでも「泌尿器科に通院するのは恥ずかしい」「EDの薬は高い、自分の小遣いじゃ無理」「何がなんでも妻だけにはEDだと言えない」と、通院に抵抗を感じる男性は少なくありません。

できることなら、病院の治療やED薬に頼らず、普段の生活を続けながらEDを改善したい!と考えているあなたに朗報です……ED薬を使わなくても、食生活の改善や生活習慣の改善によって、ED(勃起不全)は改善できるのです。

さらに男性機能が改善した先には、EDよりも深刻な生活習慣病(脂質異常・高血圧・糖尿病・肥満)の予防も可能なのです。

今日から自宅でできるEDの改善方法をドンとまとめてご紹介します!

自力でEDを改善する方法

日本国内のED患者数は2002年時点で1130万人と言われています。年齢ごとに見てみると、40代男性の5人に1人、50代男性の5人に2人はEDを抱えている計算です。

「街を歩けばED患者にあたる」と言ってしまっても、あながち間違いではありません。

とはいえ、年を取れば男はEDになるもんだと諦めるのは早計。EDは普段の生活のなかで、少し気を使うだけでも十分改善できます。

グラフ:日本人男性の4人に1人がEDに!
出典:グラフ:日本人男性の4人に1人がEDに! / 日本新薬株式会社

参考:EDとそれに伴う深刻なリスクにPDE5阻害剤が有効 / 日本新薬株式会社:PDF

参考:平成24年「国民健康・栄養調査」の結果 / 厚生労働省

EDは生活習慣病のなかま

EDは陰茎だけの病気と考えがちですが、実は生活習慣病と同じ血管の病気です。

生活習慣病になると、血管内皮から血中に分泌される一酸化窒素が減少し、動脈硬化をおこします。動脈硬化が起きてしまうと、血管自体が固くなったり、血液がどろどろになって流れにくくなる症状があらわれます。

血管が詰まったり血管が塞がってしまうことで、脳梗塞や心筋梗塞を発症します。血液の流れが悪くなる症状が、陰茎にあらわれた状態がED(勃起不全)です。EDは、勃起に必要な血液(充血)が不足する血管の病気なのです。

EDは、脳梗塞や心筋梗塞、加齢による血管機能の低下と同じように、生活習慣病が引き起こす動脈硬化の影響なのです。

生活習慣病の改善=EDの改善

EDが改善できれば、生活習慣病も改善される。逆に生活習慣病が改善できれば、EDも改善されることがわかりました。

医療機関が推奨する生活習慣病の改善法は、運動療法と食事療法です。EDも生活習慣病の改善方法と同様に、運動と食事で改善できます。

しかし生活習慣や食生活を改善をするにも、何をどれぐらい食べ、どんな運動をどのくらいの負荷で、何時間行えばよいか、実際に行動に移すには情報不足です。

どれぐらいの日数でEDの改善に効果があらわれるのか、しっかりと目標を把握ことで、自分に最適な改善法が効率よく身につけきます。EDを「自身の健康状態を見直すチャンス」と捉えましょう。

参考:EDは最初に自覚できる生活習慣病! / 日本新薬株式会社

運動で改善したい

運動をすることで得られる効果は、主に血流の改善と男性ホルモンの増加です。

運動で得られる効果

運動することで血管が拡がります。血液が身体の隅々まで流れるようになります。血流が良くなることで、血液内の老廃物が取り除かれ、さらさらな血液へと変化します。

運動には筋肉を刺激する側面もあるため、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量を増やします。

40代になるとEDの患者は急増します。原因のほとんどは身体(血管)機能の低下です。加齢によるEDは、運動によって「さらさら血」「男性ホルモンの増加」で改善されます。

血流改善の運動

血流は有酸素運動で改善します。有酸素運動は血中のLDLコレステロール値や中性脂肪値を下げます。その結果、さらさら血にすることで動脈硬化度を下げる働きがあります。

速歩の理想的なフォーム
出典:速歩の理想的なフォーム / 日本動脈硬化学会 治療 運動療法

代表的な有酸素運動は、ジョギング(ランニング)や散歩(ウォーキング)、エアロビクスや水泳です。有酸素運動による動脈硬化の改善は、目安として4週間の継続が必要です。

簡単にはじめられる散歩なら、1日30分以上を目安に行うことで、改善の効果が得られます。もし時間がない場合は、10分1セットとして何度か散歩することでも効果が得られます。

1週間の合計が3時間以上を目安として行ってください。今日からひと駅手前で降りて歩いて帰ってみてはいかがでしょうか。

参考:鹿児島医療センター 動脈硬化予防のための運動プログラム:PDF

男性ホルモン増加の運動

男性ホルモンのテストステロンを増加させるのには、筋肉を刺激する筋肉トレーニングで効果を得られます。男性は30歳を境に減少しはじめるテストステロンの影響で、性的機能の低下や肉体の衰えが見えはじめます。

テストステロンを増やす方法として効果の高いのは、筋肉に負荷をかけることです。負荷をかけることで、筋肉をつけようとテストステロンが分泌されます。

テストステロンを増加させる運動はスクワットです。骨盤の下にある筋肉「骨盤底筋郡」を鍛える効果があります。骨盤底筋郡を鍛えて発達させることで、陰茎を引き締め、海綿体に血液をとどめることができます。

テストステロンの増加、勃起力の鍛錬の2つの効果が得られます。

スロースクワット:両足を肩幅に開いて立つ。ひざを前に出さず、かかとを地面から離さずに、落とせるところまで腰を落とす。「3秒かけて落とし、グッと上げる」「グッと落とし、3秒かけて上げる」「3秒かけて落とし、3秒かけて上げる」をそれぞれ10回ずつ。

控えた方がいい運動

最近は自転車通勤をされている方が多く見られますが、自転車の乗りすぎでEDになるケースがあります。長時間乗ることで会陰部とサドルが擦れることで圧力がかかり勃起に必要な血管が圧迫し損傷する事があるからです。

血管が損傷することで勃起に必要な血液を集められなくなりEDになると指摘されています。特にロードレースタイプの自転車でよく見られる小さく細いサドルは注意が必要です。

食事で改善したい

食事から得られる効果は、主に血管や血流を良くします。

食事で得られる効果

年齢問わずメタボ症候群の方は食事の乱れからEDを発症している可能性が高く食事からEDを改善する事ができます。

EDの改善に効果のあるネギ

改善が期待できる食材

まず摂取したい食材は、にんにく、ネギ、玉ねぎ、ニラ、らっきょうなどのネギ類です。

ネギ類に含まれているアリシンは抗酸化、がん予防、血栓の予防・改善さらに滋養強壮に効果があります。しかも男性ホルモンのテストステロンの生成を促す作用があり、男性機能のアップにもつながります。

ネギ類の牡蠣やしじみ、あさりなどの貝類です。貝類には亜鉛が豊富に含まれています。すい臓から出る体内ホルモン「インスリン」の働きを助け、血糖値が下がり血液もさらさらになります。さらに亜鉛には、男性ホルモンのテストステロンの生成を促し、精子を作ります。

食事の改善に取り組んでから効果が得られるまでは、目安として12週の継続が必要です。

食材を使ったメニュー

簡単に作れるものでいえば、「貝の酒蒸し」がおすすめです。貝やニンニク、万能ねぎを使い材料費も安く済ませられます。

参考:酒蒸しのレシピ / クックパッド

摂取を控えたほうが良いメニュー

手軽で安いの代名詞といえばファストフードやインスタント食品です。現代人なら食べない日がない、といってもいいくらい生活に密着した食べ物です。

ファストフードやインスタント食品は、食品添加物が含まれており、栄養面から見ても体に悪い影響を及ぼします。誰もが分かってはいるものの、手軽で安価なファストフードやインスタント食品を食べずに生活することは困難です。

コレステロールの多いハンバーガーやラーメンを食べるときには、コレステロールを下げる「キトサン」を含んだ青汁を飲むようにしましょう。

もちろん青汁を飲んでもマイナスがゼロになるだけです。EDを改善するためには、ファストフードから離れる決断も必要です。

サプリメントで改善したい

サプリメント本体には、具体的に「勃起不全の治療」とは明記されません。「男性復活」や「活力回復」など勃起の改善を想起させるキャッチコピーがつきます。

サプリで得られる効果

サプリで得られる効果は、主に血流の改善と男性ホルモンの増加です。食事では取りにくい栄養素を補えるほか、精力増強など問題解決の栄養をまとめて摂取することができます。

食事での摂取できない時の補給

精力剤や精力サプリは、何と言っても医薬品ではないためコンビニやドラッグストア、ネット通販などで気軽に購入できるメリットが有ります。性機能を改善する栄養素の亜鉛は牡蠣などの魚介類や肉類などの動物性の食品に多く含まれています。

植物性の食事が中心で動物性の食品を摂取しない時にはサプリで亜鉛を摂取できます。食事で摂取できない時の補助としてサプリの服用は大変有効です。使用されている成分も医薬成分ではないため大きな副作用を発症するものではなく、自然由来の成分ですので安心して利用できます。

サプリには主に、栄養素か原料に分けられます。ビタミンAやビタミンBなどの栄養素とニンニク、ブルーベリーなどの原料です。

EDに効果のあるサプリとして以下のものがあげられます。

成分
亜鉛: 男性ホルモンのテストステロンの生成を促すミネラル
アルギニン、シトルリン: 血管を拡張して血流を良くする一酸化窒素の原料となるアミノ酸
植物
マカ: 鉄分のほか何種類もの栄養素を含む植物。血流を改善するアルギニン
クラチャイダム: 日本では黒ウコンと呼ばれる、ミネラルやアミノ酸を含む植物。血流を改善するアルギニン

参考:亜鉛 / 富田製薬株式会社:PDF

参考:黒ショウガ / オリザ油化株式会社:PDF

ED改善を目的とした精力剤

精力剤には滋養強壮効果も期待できるので、精力だけでなく疲労回復にも効果が期待できます。精力剤には通常、数種類の成分が含まれており、植物性のマカや朝鮮人参、動物性の赤まむしやスッポンなどさまざまです。

亜鉛など成分をそのまま摂取するサプリとは違い、精力剤は問題解決を目的としています。最適な商品を選ぶ為に、成分の配合量などをチェックする必要があります。

DHC 亜鉛 60日分 60粒 ¥499

DHC
出典:DHC 亜鉛 60日分 / ケンコーコム

アミノバイタル タブレット 120粒 ¥2,923

アミノバイタル
出典:アミノバイタル タブレット 120粒 / ケンコーコム

具体的に買える場所

サプリはお医者さんの診察を受けることなく、ドラッグストアやネット通販のケンコーコム、楽天、アマゾンで簡単に購入することができます。

カウンセリングで改善したい

クリニックのED治療では、身体に異常がないことが確認できた場合、カウンセリングを基本とした改善を試みます。

心因性EDで期待できる改善方法

精神的な問題が原因でED(心因性ED)の場合は、カンセリングを受けることによって改善が期待できます。ただし、原因の深さによっては自力で解決できるとは限りません。

心因性EDは心理的な問題を抱えている、心理療法としてカウンセリングを行います。心因性EDの原因は2つに分けられます。日常生活での心理的ストレス(現実心因)と、心の奥底にある心理的原因(深層心因)です。

現実心因は本人が原因について気がついていることが多く、根本的な問題を解決すればEDも改善されます。一方、深層心因は本人も原因に気がついていません。改善するためには専門家による精神分析が必要です。

参考:心因性ED - 診断の手順、心理テストの解析、心理療法の実際 - / EDネットクリニック:PDF

器質性EDで期待できる改善方法

器質性EDは陰茎の機能自体に問題があるため、カウンセリングによる改善は期待できません。

神経系の異常や怪我、外傷によって起こるEDは、病気・障害・怪我の治療が必要となります。病院にて治療がおこないましょう。

「アレ」でED発症!改善方法はあるの?

EDは、糖尿病、肥満、神経障害などの合併症によるもの。AGA治療薬(プロペシア)や降圧剤などの副作用からなるもの(薬剤性ED)まで、原因はさまざまです。

糖尿病でEDを発症!改善できるの?

糖尿病にかかってしまい高血糖状態が続くと、血管障害や神経障害を引き起こします。糖尿病の患者の80%がEDを発症しています。

加齢によるEDと比べると、糖尿病のよるEDは症状の進行速度が早いとされています。そのため重度のEDにかかるリスクがあります。進行を遅らせるためにも、病院での早期治療が必要です。

AGA治療(プロペシア)でED発症!改善できるの?

AGA治療薬(プロペシア)の副作用として、EDの症状を引き起こすことが指摘されています。プロペシアの副作用が気になる場合、薬の容量を減らすことで改善できます。

副作用の予防法は、スタンダードな容量の1mgから0.2mgに容量を減らします。0.2mgに容量を下げても、プロペシアの効果は確認されています。EDを含むフィナステリドの副作用を低減できます。

最終手段はED改善薬!頼るタイミングは?

ここまで見てきた運動や食事、サプリメントやカウンセリングでもEDが改善しない……!そんなときに頼れる最終手段が、EDを改善する薬です。

EDを改善する薬

ED治療薬は、EDの患者に対して70%以上の症例に効果をみせています。また器質性EDの患者である脊髄損傷患者で67%、糖尿病患者で50%に改善効果がみられました。

4週から12週を目安に運動や食事で効果を感じない場合、ED治療薬で改善する方法をおすすめします。

参考:LOH症候群ー加齢男性性腺機能低下症候群診療の手引き(75P) / 日本泌尿器科学会、日本Men’s Hea

ED改善方法のまとめ

根本的なEDの改善には時間と根気が必要です。ただしED以外の生活習慣病にも改善が期待できます。まずは、運動と食事から日頃の生活を見直してみましょう!

男性として充実した人生を送るためにも、EDの改善に真剣に取り組んでください。もし生活習慣の改善で効果がない場合は、ED改善薬(ED治療薬)があるので心配も無用です。

更新日:2017年07月19日 (公開日:2016年06月17日)