レビトラの効果は硬い勃起!効果がでるまで最短15分

レビトラ 効果

レビトラは効き目が強いって本当?レビトラなら食事しても効果には影響ないの?そんなレビトラの効果に関する疑問にお答えします。

レビトラはほとんどの勃起不全に効果のある治療薬

レビトラ錠5mg、10mg、20mg(バルデナフィル塩酸塩水和物錠)は、勃起不全・勃起障害・ED(Erectile Dysfunction)・インポテンスに対する治療に効果を発揮する医薬品です。泌尿器科クリニックなどで勃起不全の治療を受ける際には、まず最初に選択される治療方法(薬物療法)です。

レビトラの特徴は?

発売された順番から、第2のED治療薬と呼ばれるレビトラ。特徴として「15分で効果が出る、効き目が強い(勃起が硬い)、食事の影響を受けにくい」といった評価をするクリニックを多く見かけます。実際はどうなのでしょうか?

レビトラを服用する性交前のベストタイミング、効果の持続時間、食事によるレビトラへの影響など、レビトラの効果を詳しく見ていきましょう。レビトラの効果を引き出す上手な飲み方もあわせて参考にしてください。

レビトラの効果が現れてからおさまるまで

様々な勃起不全の治療に効果を発揮するレビトラですが、効果はどのくらい続くのでしょうか?

レビトラの販売元であるバイエル社が提供する資料(レビトラ - 医薬品インタビューフォーム)をみてみましょう。

レビトラ(バルデナフィル)10mg、20mg、40mgの血中濃度推移

効果を発揮する「45分前」がベストタイミング

レビトラに含まれる成分の量を変えて(バルデナフィル10mg、20mg、40mg)行った試験によれば、血液中に成分があらわれるまでおよそ0.5時間ほどかかり、行き渡る(最高血中濃度到達時間)までは成分量に関係なく0.75時間かかったとされています。またレビトラの効果が十分に発揮されるまでの時間は、飲んだ容量には影響されません。服用後30分ほどで効果が出はじめて、45分で効果が最大値に達しています。

最短15分でも勃起OK!

レビトラの効果発現時間に関しては、同インタビューフォーム内に詳しい試験結果が記載されています。

レビトラ(バルデナフィル)10mg、20mgの効果発現時間

日本人男性778人に対して行った、レビトラ錠10mg、20mgの効果発現時間の試験結果です。80%以上の患者が、性交が可能なくらい勃起が硬くなるまで15分しかかからなかった、と答えています。個人差はあるものの最短15分から最長でも45分が、レビトラの効果発現までの時間といえるでしょう。

10mgなら3時間、20mgなら4時間で効果がなくなる

血液中に広がったレビトラの成分・バルデナフィルは、10mg錠なら3.19時間、20mg錠なら3.98時間、40mg錠なら5.33時間経つと効果が半減(消失半減期)します。成分容量40mgの錠剤は市販されていない容量なので説明を省きます。レビトラの効果時間は、レビトラ錠10mgなら3時間、レビトラ錠20mgなら4時間です。この時間を超えると効果を失うので、服用前の勃起しにくい状態に戻ります。

レビトラは年輩の方が効果が強く出る?

レビトラは未成年(18歳)から高齢者(65歳以上)まで、勃起不全に悩む幅広い年齢層の患者に効果を発揮します。ただし、年齢が上がれば上がるほどレビトラの効果が強く出る傾向があるので注意が必要です。

勃起不全の患者を18歳から45歳(非高齢者)、66歳から78歳(高齢者)の2グループに分け、レビトラの効き目を試したデータがあります。

高齢者におけるレビトラ(バルデナフィル)40mgの血中濃度推移

高齢者の方が1.3倍ほど効き目が強い

レビトラの成分が体内に行き渡るまでの時間(Tmax)は、非高齢者で35分、高齢者で30分なので大きな違いはありません。しかし、効果の強さ(最高血中濃度/Cmax)の値は、非高齢者で36.3μg/L、高齢者で48.7μg/Lです。高齢者の方が1.3倍ほど高い数値です。また効果がなくなるまでの時間にも差があります。消失半減期まで非高齢者なら5時間ですが、高齢者なら6時間かかります。飲んだレビトラの量が同じでも、若者よりも高齢者の方が効果が強く出る、効き目が長く続く、ということがわかります。

容量の選択は5mgから

効果が強く出るというのは一見メリットに見えますが、副作用があらわれる可能性も高いというデメリットを抱えています。添付文書にある通り、高齢者の方がレビトラを服用する場合は、容量5mgからスタートしましょう。勃起不全の改善具合をみながら容量を増やし、1回で10mgを最高容量としてください。それでも効果が無いようなら、医師と相談した上で、容量の増加や他剤(バイアグラ、シアリス)への変更を考えて行きましょう。

レビトラは食事の影響を受けないって本当?

クリニックや医師が運営するHPを見てみると、「レビトラは食事の影響を受けにくい」と紹介されています。食事の影響を受けないわけではなく「受けにくい」とは、どのくらいなのでしょうか?

健康な成人男性に対して、空腹時にレビトラ20mgを服用した場合と、標準的な食事の後にレビトラ20mgを服用した場合に分けて、効き目を試したデータがあります。なお、ここでいう「標準的な食事」とは、食事の総エネルギーに占める脂肪の割合が約30%という設定です。

空腹時と食後のレビトラ(バルデナフィル)20mgの血中濃度推移

グラフを見れば一目瞭然ですが、空腹時と食後の折れ線は異なっています。少なからず食事の影響はあることが見て取れます。空腹時と食後では具体的に何が異なるのか、詳しく見ていきましょう。

空腹、食後、いずれも1時間で効果があらわれる

まず効果発現までの時間ですが、グラフから読み取る限り、差異は15分前後です。効果の強さ(最高血中濃度/Cmax)の値は、空腹時で14.22μg/L、食後で13.04μg/Lです。差は小さいものの空腹時の方が効果が強く出ることが分かります。体内に行き渡るまでの時間(Tmax)は、空腹時と食後でいずれも1時間です。

ここでひとつ疑問なのは、効果が早く出ることが代名詞のレビトラにしては、空腹時でも1時間かかっている点。最長でも45分で効果が出ていた前途のデータより、さらに時間がかかっています。空腹時と食後で差がないことを示すために、空腹時でも効果の発現を遅らせる要素が被験者にあったのでは?と邪推してしまいます。もちろん被験者の個体差で片付く話なのかもしれません。

空腹、食後、いずれも4時間で効果は消失

本題に戻ります。最後に効果が無くなる(消失半減期)までの時間は、空腹時で3時間54分、食後で3時間48分と、いずれも4時間ほどで差異はありませんでした。

情報をまとめると、食後にレビトラを服用した場合、勃起を促す効果は少なからず弱まる、と言えそうです。

空腹、食後、効果の違いはある

食後の胃や腸壁は、レビトラ(バルデナフィル)の吸収を妨げる油分で覆われています。吸収が遅くなることで効果の発現時間にズレが生じます。またいざ吸収が始まっても、空腹時ほどスムーズには行われないため、吸収と効果の発現はじわじわと進行します。食後は吸収されるスピードが遅いので、血液中にも成分が長く残るというのも、グラフから読み取れそうです。

やっぱりベストは空腹時の服用

食事の影響を受けにくいと言われるレビトラですが、食後に服用することで成分の吸収速度は弱まります。空腹を満たすか、硬く強い勃起を得るか。レビトラの効果を最大限に引き出すためには、食前など空腹時に使用するに越したことはありません。

レビトラの効果に関するよくある疑問

レビトラ10mgが効かない、効果がない時はどうするの?

まずは正しい使い方ができているか、服用の仕方をもう一度確認してみてください。レビトラを含めたED治療薬の効果が感じられない場合、原因の多くは食事によって成分の吸収が阻害されることです。食事から8時間以上の間隔をあけるなど、完全な空腹時に飲んでみることをおすすめします。次の段階で初めてレビトラ10mgから20mgへの増量を検討しましょう。

レビトラ20mgでも効果がない場合は、同効果が期待できるシアリス20mgへのスライドがおすすめです。なお、レビトラ20mgの効果の強さは、バイアグラなら100mg、シアリスなら20mgに相当するといわれています。

レビトラ依存症はあるの?耐性はつくの?

レビトラはもちろんのこと、ED治療薬(PDE5阻害薬)は脳や精神に影響を及ぼす成分ではないため、依存症はありません。また風邪薬のように、熱を下げたり咳を止めたりする薬でもないため、いわゆる薬剤耐性も起こりません。陰茎を含めた体内の血管機能を改善する薬なので、飲めば飲むほど血管の状態が良くなると考えていいでしょう。もちろんレビトラを飲まないと勃たなくなるといったこともありません。

レビトラの容量を10mg、20mgと増やしたら効果は増すの?

レビトラの添付文書に記載されている容量ごとの最高血中濃度(Cmax)を比較すると、10mgの投与で10.05μg/L、20mgの投与で18.35μg/Lでした。参考値ですが40mgを投与した場合は51.71μg/Lです。最高血中濃度をそのまま効果の強さとすれば、レビトラを10mg、20mgと増やしていくと、血中濃度に比例した1.8倍の効果増大が想定できます。

レビトラの効果を5つにまとめる

レビトラの効果はいかがでしたか?最後にレビトラの効果に関する、主な特徴をまとめます。

  1. 個人差はあるが最短15分で効果があらわれる
  2. 服用後45分で効果は最大になる
  3. 勃起効果は10mgなら3時間、20mgなら4時間
  4. 高齢者はレビトラの効果が強く出る
  5. 食後に服用すると効果の最大値が弱まる

血中濃度の最高値が効果のピークと考えた場合、勃起の硬さと挿入のタイミングをうまく合わせるためには、性交の45分前にはレビトラを服用するといいでしょう。

レビトラの効果が持続する時間はバイアグラと大差はないため、レビトラに期待するのは最短15分という「効果の早さ」。またバイアグラ100mgに相当するという、レビトラ20mgの「効果の強さ」に期待できます。

レビトラの効果に関連する記事

更新日:2017年07月19日 (公開日:2015年10月14日)