シアリスの成分で長時間の勃起作用!成分の効き目は36時間

シアリス 成分

シアリスの有効成分はタダラフィルです。タダラフィルには、勃起を促す効果が長時間にわたって続く、という特徴があります。

別の医薬品との飲み合わせによって、タダラフィル本来の「勃起を促進する効果」が出にくくなることがあります。勃起力が弱まらずとも、効果が継続する時間が短くなる場合もあるのです。このように、薬を併用したとき、お互いの作用に影響を及ぼすことを「薬物相互作用」と言います。シアリスとの相互作用は薬物に限らず、食べ物や飲み物の成分によって起こる場合もあるのです。相互作用が起こるとシアリスの作用を弱めるだけでなく、強めすぎて副作用が出てしまうこともあるので気を付けましょう。

「シアリスの効果はどれぐらい続くの?」「シアリスを飲むとどんな作用が起こるの?」「シアリスの成分と相性の悪い飲み合わせは?」このような疑問に答えるべく、シアリスの成分や作用について紹介します。

シアリスはタダラフィルと11種の添加物でできている

シアリスは有効成分のタダラフィルと11種類の添加物によって構成されています。

シアリス(タダラフィル)5mg・10mg・20mgの構成記号・含まれている成分

タダラフィルは、バイアグラの成分(シルデナフィル)やレビトラの成分(バルデナフィル)に比べ、食事やお酒の影響を受けにくい成分です。また、最長で36時間にもわたり、勃起力を持続する効果があります。

シアリスの効果は主成分タダラフィルが生み出している

シアリスの有効成分であるタダラフィルは、本来白色の粉末です。着色剤(添加物)で色を付けているため、シアリスの錠剤は黄色っぽくなっています。

シアリス(タダラフィル)5mg・10mg・20mgの形状

タダラフィルは、それ以前に販売されていたED治療薬の欠点を補うために開発されました。タダラフィル以前に開発された成分として、バイアグラの主成分である「シルデナフィル」が挙げられます。シルデナフィルは、そもそも血管障害の治療薬として開発されました。試験の過程で勃起不全の改善が見られたため、偶然の産物として誕生したのです。

偶然生まれたシルデナフィルとは異なり、タダラフィルの開発は計画的に進められました。タダラフィルの開発では、いままでのED治療薬よりも強い勃起力と、効果の持続力が追及されたのです。

シアリスは心因性EDに効果的

勃起力が持続する時間が長いことでメリットが得られたのが、心因性EDの患者です。

心因性のEDとは、夫婦関係や人間関係のストレス、過去の性行為のトラウマなど、精神的な問題が原因となって起こるEDです。彼らにとっては「性行為のタイミングに合わせてED治療薬を飲まなければならない」ということ自体がプレッシャーになっていました。

バイアグラやレビトラは効果が続く時間が短いので、ベストなタイミングで服用しなければ、十分な効果が得られません。そのため、「薬を服用する時間」や「効果が続く時間」が気になってしまい、セックスを楽しめなかったのです。それに対し、シアリスなら最長36時間は効果が持続するので、服用のタイミングを気にする必要がなくなりました。心因性のED患者にとって、これまでの大きなデメリットを一気に解決できたのです。

心因性のED患者に限らず、シアリスはタイミングを気にせずセックスを楽しめる画期的なED治療薬です。そう考えると、タダラフィルの開発は大きな進歩であるといえます。

参考:ED治療薬 シアリスの歴史 / リブラクリニック

主成分タダラフィルを飲みやすくする添加物

シアリスに含まれる添加物は、着色剤の酸化チタンを含む11種類です。

種類 内容 添加物名
賦形剤(ふけいざい) 服用・調剤をしやすくする添加物
  • 乳糖水和物
  • 結晶セルロース
崩壊剤(ほうかいざい) 崩れて吸収しやすくする添加物
  • クロスカルメロースナトリウム
界面活性剤(かいめんかっせいざい) 物質を混ぜ合わせやすくする添加物
  • ラウリル硫酸ナトリウム
結合剤(けつごうざい) 粉末を結合させる添加物
  • ヒプロメロース
滑沢剤(かったくざい) サラサラな粉にする添加物
  • ステアリン酸マグネシウム
  • タルク
着色剤(ちゃくしょくざい) 製剤を着色するための添加物
  • 酸化チタン
  • 黄色三二酸化鉄
コーティング剤 外気や湿気から薬を保護する添加物
  • トリアセチン
  • ヒドロキシプロピルセルロース

添加物は薬を飲みやすい形にする、薬の苦味を抑えるという目的で含有されています。主成分のタダラフィル以外も、効果や安全面には影響がないように工夫されています。

製剤の投与量において薬理作用を示さず、無害でなくてはならないが、アレルギーなどの有害反応を引き起こすことがあるので、注意を要する。

参考:医薬品添加剤 / 医薬の樋口商会

シアリスの魅力は「長い作用時間」と「血管機能の向上」

シアリスを服用すると、バイアグラやレビトラと同等の効果が、長時間に渡って持続します。シアリスの主成分タダラフィルは、血管を拡張して陰茎に血液を多く送り込み、勃起しやすくなるよう促すのです。

タダラフィルが効果を発揮するメカニズムをさらに詳しく見てみましょう。

タダラフィルを飲むことで、血管を収縮させる酵素「PDE-5」の働きが抑えられます。EDの原因の一つにこの「PDE-5」が活発に働くことがあげられます。「PDE-5」が活発に働くと、陰茎部の血管を収縮させて血流の流れが悪くなり、勃起しにくい状態になります。バルデナフィルの作用により「PDE-5」の活動を抑え、血管を収縮させないことで自然に勃起できる状態を作ります。

シアリスの効果は最長で36時間

シアリスを服用すれば、最長で36時間の効果が得られます。

シアリス(タダラフィル)10mg、20mgの効果発現時間

タダラフィルが体内に入り、成分が吸収されるまでには、1時間ほどかかります。そのため、効果があらわれるまでの目安も1時間ほどです。個人差はあるものの、シアリス10mgなら最短30分、20mgなら最短15分で効果があらわれるという試験報告もあります。

成分を十分に吸収し、血中濃度がピークに達するまでの時間は、成分用量に関係なく約3時間後です。また効果が半分以下に落ち始める半減期は、こちらも用量に関係なく14時間後に起こります。

血管の老化を防ぎ動脈硬化のリスク回避

シアリスを服用することで、血管機能の改善にも効果があります。シアリスの血管を拡張させる作用が血管の障害(血管内皮の異常など)を起こす物質「エンドセリン(Endothelin-1)」を減らします。

シアリスによって、血管の老化によって起こる動脈硬化などのリスクが減少することがわかってきました。

参考:ED治療薬の比較 /東邦大学医療センター大森病院 リプロダクションセンター(泌尿器科)

参考:シアリス錠の1日1錠 定期服用法 ~その2~ / 渋谷三丁目クリニック

参考:エンドセリン / シスメックス プライマリケア

タダラフィルは飲み合わせ注意の成分がある

シアリスを服用したときは、併用する薬の成分の影響で相互作用が起こらないように注意する

薬はいっしょに飲む成分によって、薬同士の反応で、本来の効果が得られないことがあります。これは、飲み合わせによって起こる相互作用です。相互作用は薬だけでなく、食べ物の成分によっても起こります。思わぬ副作用がでる、または本来の効果がまったく感じられない、という場合があるのです。

シアリスは、ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどの硝酸剤を併用した場合、血圧が極端に下ることがあります。また、グレープフルーツジュースでシアリスを服用するのも危険です。

血圧を下げる効果がある薬とは併用できません

シアリスと併用が禁止されている薬に、血管を拡げて血圧を下げる、アイスラール錠やアイトロール錠などがあります。

くすりの効能 一般名 商品名 併用すると?
冠血管拡張薬 ニトログリセリン ニトログリセリン 降圧作用を強めるという報告がある
硝酸イソソルビド ニトロール アイトール
血管拡張薬 亜硝酸アミル 亜硝酸アミル 血圧低下を起こすおそれがある
リオシグアト アデムパス

ニトロール錠やアイトロール錠とシアリスを併用すると、過度に血圧を下げてしまう危険性があります。そのため、硝酸剤や肺高血圧症の治療薬など、血圧を下げるための薬をすでに服用している方は、シアリスを服用できません。詳しくは、シアリスの添付資料でご確認ください。

参考:添付文書 シアリス錠5mg/ シアリス錠10mg/ シアリス錠20mg:pdf

成分の代謝を邪魔するグレープフルーツ

タダラフィルを飲んでいるときに、グレープフルーツを摂取するのは危険です。

グレープフルーツに含まれる成分「フラノクマリン」が、体からタダラフィルを代謝する働きの邪魔をします。代謝を邪魔されると体内の血中濃度が下がらないので、重い副作用を引き起こす可能性があります。グレープフルーツの果肉を食べたり、ジュースを飲んだりすると危険です。

東邦大学医療センターでは、 グレープフルーツジュースと一緒に飲んではいけない薬として、タダラフィル(シアリス、アドシルカ、ザルティア)を挙げています。グレープフルーツが代謝を阻害する働きは、体に一度入ってしまうと3日から4日ほど続きます。シアリスを飲んでいる期間中は、グレープフルーツをとらないようにしましょう。

参考:大橋病院A Vol.4 / 東邦大学 医療センター 大橋病院:pdf

シアリスと成分が同じ、効果も同じジェネリック薬

日本国内ではシアリスのジェネリック医薬品は流通していません。厚生労働省で認可が降りていないためです。一方、海外ではシアリスのジェネリック医薬品が製造、販売されています。もちろんシアリスのジェネリック医薬品なので、主成分はタダラフィルです。主成分以外の添加物は、メーカーによって「さらに飲みやすく」「さらに吸収しやすく」といった目的で改良されています。

シアリスの副作用は、主成分のタダラフィルではなく添加物によって引き起こされることがあります。シアリスで副作用が出てしまう方は、シアリスとは別の添加物が含まれるジェネリック医薬品を試してみましょう。

シアリスの3分の1の価格で買えるジェネリック

海外で販売されているシアリスのジェネリック。人気があるのは、マクレオズファーマシューティカルズ社の「メガリス」です。メガリスの特徴はとにかく安いところです。

シアリスのジェネリック薬・マクレオズファーマシューティカルズ社製のメガリス錠20mg

シアリス20mg(1錠あたり)の相場は2000円。メガリスの価格は3分の1以下の650円と、非常に格安で入手できます。もちろん、主成分はシアリスと同じタダラフィルなので、効果も同じです。メガリスの詳しい情報は「メガリス20mgについて」を御覧ください。

メガリスのように海外で販売されている医薬品は、個人輸入をして入手できます。インターネットを利用すれば、個人輸入を代行してくれるサイトを通して、海外のジェネリックを簡単に購入できます。シアリスで副作用が出て困っている方は、シアリスジェネリックを選択してみるとよいでしょう。

シアリスの成分まとめ

シアリスの有効成分、タダラフィルでは、36時間にもわたって効果が続くという、圧倒的な持続時間の長さが実現されました。

特にシアリスが効果を発揮するのは、精神的なストレスでEDを発症している「心因性ED」の患者です。タダラフィルなら、効果の持続時間が長いため、性行為のタイミングに焦る必要がありません。勃つか勃たないかというストレスを感じずに、性行為に集中できます。だからこそ、タダラフィルは他のED治療薬と比べ、心因性EDの患者に高い効果を発揮するとされているのです。

タダラフィルを利用するときに注意して欲しいのは飲み合わせです。血圧を下げる効果がある薬との併用は避けましょう。シアリスを飲んでいる間、グレープフルーツの摂取にも注意が必要です。タダラフィルとこれらの飲み合わせは、副作用が強く出てしまう危険性があります。

もしシアリスの副作用で困っているなら、同じ有効成分のジェネリックを試してみるのもよいでしょう。個人輸入で簡単に手に入る、シアリスジェネリックもおすすめです。

更新日:2017年11月14日 (公開日:2016年10月18日)