EDの診断は問診だけ!診断後は主にED治療薬で治療

ED 診断

「EDの診察ではパンツ脱がなきゃいけないの?」「勃起が弱くなったと申告したのに、医者からEDだと診断されないことってあるの?」「ED治療薬が処方されないことってあるの?」「ED治療したいけど診察や検査が恥ずかしいから…」ちょっと待って下さい!

患者さんのほとんどは、簡単な問診だけOKなんです!ED治療の現場では、実際にどんな診察が行われているのかをご紹介します!

EDのくわしい診断手順

日本性機能学会が2012年に発行したED治療のガイドラインによれば、77%の患者が問診、身体所見、臨床検査の3つで、EDと診断されています。

ED治療の問診票

ガイドラインをさらに詳しく見てみると、77%という数値の根拠は、実際に1,276名のED患者を調べた研究結果から算出されていました。

内訳は、問診の段階でEDの原因が診断された患者が57%、身体所見で診断された患者が13.9%、臨床検査で診断された患者が6.2%でした。EDで来院した患者のうち77.1%は、町のお医者さんやかかりつけ医が診断しています。

このデータからも分かるように、EDの診断は問診がメインです。診断後にはほとんどの方にED治療薬が処方されます。

問診でED治療薬が処方されないのは、患者がすでに「ED治療薬と併用できない薬」を服用している場合のみです。併用が禁止されている薬を服用中でない限り、ほとんどの患者に、簡単な問診だけでED治療薬が処方されます。

ここからは具体的にEDと診断されるまでの流れ、どのような診察(問診)や検査が行われるのか、実例をあげながら進めていきましょう。

参考:EDの診断 /Mindsガイドラインセンター

EDの診察

EDの治療を初めて行う患者さんは、診察内容が分からず不安なことだらけだと思います。

まず大きな誤解を受けているポイントとして、視診や触診が挙げられます。基本的なED治療の診察には、服を脱いで患部を見せたり触ったりといった行為は一切ありません。半数以上のED患者が問診だけで診断されているように、診察の内容は簡単な質問に答えるだけです。

問診票

クリニックの受付でED治療を受けたいと伝えると、問診票をもらえます。

診察がはじまる前に、問診票の質問事項に答えます。問診票は、医師が患者の病状を把握するための大切なツールです。患者の自己申告である問診票をベースに、さらに詳しい質問をしながら診断を行います。

問診票の内容は、大きく分けて2つのブロックがあります。ひとつ目が「現在までの身体症状を把握する質問」、ふたつ目は「EDの程度を調べる質問」です。

ひとつ目の「現在までの身体症状を把握する質問」では、身長、体重、喫煙歴、病歴、心身に問題がないかをたずねられます。ここでEDの原因のひとつである「生活習慣病」が疑われれば、動脈硬化をはじめとする脂質異常症や高血圧、糖尿病の合併症ではないかと推測されます。

すでに生活習慣病の治療を受けているなら、現在服用している治療薬との飲み合わせを考え、ED治療薬を選べます。

また対人関係からくるストレスやうつ病など、心理的要因が原因であれば、カウンセリングとED治療薬を併用するといった選択ができます。

ふたつ目の「EDの程度を調べる質問」では、勃起や性行為の満足度を回答します。

EDの度合いを測る客観的な指標として、IIEF5と呼ばれる国際勃起機能スコアが用いられます。IIEF5とはEDの診断手法のひとつで、バイアグラの臨床実験でも使用された「国際勃起障害指標 (IIEF) 」がもとになる診断テストです。

問診票からわかること
  • 顔のほてり
  • 患者の基本情報
  • 患者のニーズの抽出
  • リスク分析の基本情報

参考:セルフチェック ED問診票(IIEF5)について /ファイザー株式会社

診察内容

診療前に記入した問診票をもとに、医師の診察(問診)がはじまります。いつごろからEDの症状が出たのか、進行具合はどうなのかなどを聞かれますので、できるだけ正しく伝えることが大切です。

問診で確認される内容は、大きく分けて「症状」、「病歴」、「飲んでいる薬とアレルギー」、「生活習慣」の4項目です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

症状

勃起が弱い、中折れするなど、EDと思われる症状がいつごろ出てきたのか、今日までの変化について確認します。自身の悩みや治療への期待なども話しておくことが大切です。

病歴

病歴の把握は非常に大事です。過去にかかった病気が、EDの原因ということもあります。正確な病名を伝えられるようにしましょう。

飲んでいる薬とアレルギー

薬の副作用でEDを発症しているか判断できます。また、ED治療薬を処方する際、飲み合わせの悪い薬を服用していないか、併用が危険な薬ではないかを確認します。お薬手帳や薬そのものを持参しましょう。

また、アレルギーを持っている食べ物や薬についても聞かれます。これも薬によって副作用を起こす体質かどうかを知るためです。アレルギー体質の方はしっかりと伝える必要があります。

生活習慣

タバコやお酒の量など、生活習慣の確認を行います。喫煙していれば、動脈硬化の可能性が疑われます。お酒を飲むのであれば、肝臓の病気などの可能性が考えられます。

ED問診票の具体的な内容は以下の通りです。

ED問診票(中略)

  1. いつから勃起の調子が悪いですか
  2. 特別なきっかけがありますか
  3. 身長、体重を教えてください
  4. タバコは現在吸っていますか
  5. タバコは1日に何本、何年間吸い続けています(いました)か(過去にタバコを吸っていた人もお答えください)
  6. 最近、うつ的な気分がありますか
  7. 糖尿病といわれたことはありますか
  8. 精神科の病気で治療されたことはありますか
  9. 心臓が悪いといわれたことはありますか
  10. 血圧が高い・低いといわれたことはありますか
  11. 心電図で異常を指摘されたことはありますか
  12. 肝臓が悪いといわれたことはありますか
  13. 腎臓が悪いといわれたことはありますか
  14. 網膜色素変性症といわれたことはありますか
  15. 他に現在、治療中の病気はありますか
  16. 過去に何か大きな病気にかかったことがありますか
  17. 現在、服用中の薬はありますか
  18. ED治療薬を今まで内服したことはありますか

参考: ED問診票 /菊池クリニック

無料相談

EDの診察内容や判断基準を、医師に無料で相談できる病院があります。

病院によっては電話やメールで相談できるため、仕事が忙しくてすぐには通院できない、地理的に病院が遠い、といった患者でも利用できます。相談とあわせて通院予約が取れるため、非常に便利です。

無料相談を実施している病院として、以下の病院を紹介します。

参考:病院で無料相談を受けている「西湘病院」

参考:メールと電話で無料相談を受けている「エーツー美容外科」

EDの検査

問診では判断できない場合は、臨床検査が行われます。臨床検査には、血液検査(検体検査)と心電図検査(生理機能検査)があります。

EDの診断で血液検査は稀

EDの臨床検査では、検体検査と生理機能検査の両方の検査を行う場合があります。検体検査では、臓器や血液、ホルモンなど、血液や体液を検査します。生理機能検査では、心臓や血管の病気、高血圧症などを調べるため、循環器を検査します。

特殊な検査で診断する

夜間陰茎勃起現象

寝ている間に勃起する生理現象を利用した検査です。

夜間陰茎勃起現象で勃起を確認できない場合は、器質性EDの可能性が高いと判断されます。事故などによる脊髄損傷からEDを発症した際の診断方法として、必須の項目とされています。

またEDが問題で離婚する際の訴訟などにも使われる、法的にも認められた検査方法です。

検査では、陰茎に細いベルト巻きつけます。そのベルトで陰茎の周径と硬度を測定します。変化が見られない場合は、勃起が確認できないと判断します。

陰茎海綿体自己注射(ICI治療)

陰茎海綿体に薬剤を注射することで勃起を起こさせる検査です。

注射後、正常であれば2分から5分で勃起が始まります。勃起の状態により、5段階で評価します。この検査では、EDが血管系の障害が原因となって起こっているのかを判断できるのです。反応がなかったり、膨張が不十分だったりした場合は、血管の異常と判断されます。

逆に、硬さもあり十分に勃起していると判断された場合は、血管以外の問題が原因と推測されます。

陰茎に直接薬剤を注射しますが、これまでに持続勃起症などの重い副作用が確認されたことはありません。

カラードプラ検査(color doppler ultrasound: CDU)

超音波検査機を使って、陰茎に流れる血流の速度を測定します。動脈の血流の異常を判断する検査です。

ICI治療と同様に、海綿体に薬剤を注射して勃起を起こさせます。その後、超音波カラードプラ装置を使い、陰茎の動脈に流れる血流の速度を測ります。

動脈を流れる血液の速度が規定以下だと、動脈が原因のEDと診断されます。

参考:心因性ED - 診断の手順、心理テストの解析、心理療法の実際 - / EDネットクリニック:PDF

EDの診断

「自分としてはEDだと思うけど、もしそうじゃなかったら診察へ行くのが恥ずかしい……」と思い、なかなか病院へ行けない人も多いのではないでしょうか。

基本的に、医師から「あなたの状態はEDではありません」と診断されることはほぼゼロです。患者の申告を尊重し、すんなりとED治療に進むため、過度な心配は必要ありません。

EDと診断する基準

EDの重症度を診るための診断基準はふたつ、「病歴や合併症チェック」「診断テスト」です。

病歴や合併症チェックでは、問診から得られた病歴や合併症の情報をもとに、EDかどうかを判断します。基準となる病気は主に、糖尿病、高血圧、腎不全、骨盤内疾患、外傷・手術、加齢などです。また心理的要因のうつ病なども挙げられます。

診断テストでは、問診票の診断テストから、IIEF5テストによる国際勃起機能スコアによって判断します。25点満点のうち、基準点は21点です。21点以下の場合はEDの疑いがあると診断されます。

  • 25点から22点:正常
  • 21点から17点:軽症
  • 16点から12点:中等・軽症
  • 11点から8点:中等症
  • 7点から5点:重症

参考:EDセルフチェック / EDネットクリニック

EDの診断書

EDの診断書は医師に申請することで作成してもらえます。ただし作成には条件があり、夜間陰茎勃起現象などの医学検査をおこなう必要があります。

「EDである」と証明することで、労災保険(仕事中の事故や交通事故が原因でEDになった場合)や、自賠責保険の支払い要件が満たせます。保険以外にも、犯罪事件の裁判などで、減刑に繋がることもあるのです。金銭問題が絡んでくるため、診断書の発行には、客観的な医学検査が必要となります。

逆に「EDではない」と証明する場合もあります。民法は、「EDは離婚の原因になる」と判断しています。なぜなら、妻からEDを理由に離婚を切り出された場合、「EDではない」と証明することで、慰謝料や財産分与を有利に進められるからです。

EDのセルフチェック

EDは自宅で簡単にセルフチェックができます。医師に相談する前に、ぜひEDの自己診断をしてみてください。

EDのセルフチェックをする男性

自分でできる診断テスト(IIEF5)

IIEFは問診票にも使われている、EDの診断テストです。IIEFとは、International Index of Erectile Function(国際勃起機能スコア)の略で、EDの判断方法やスクリーニング(症状のふるい分け)で用いられます。

最近6カ月で該当する症状をチェックして、採点した点数からEDの程度を判断します。合計点数が21未満の場合にはEDの疑いありという結果が出ます。

診断テストはIIEF(15問)、IIEF5(5問)、SHIM(5問)と3種類あります。IIEFの派生であるIIEF5、SHIMの違いは、回答項目数です。追加された項目は、「勃起する機会の有無」に関する選択肢です。

1回以上は性交を試みたのならばIIEF5、セックスレスなど性交を試みるチャンスすらなかった場合はSHIM と、性行為と勃起の頻度に合わせて選択しましょう。

参考:EDセルフチェック / EDネットクリニック

参考:IIEF5 / 日本性機能学会:PDF

参考:SHIM / 日本性機能学会:PDF

参考:IIEF / 日本性機能学会:PDF

自分でできる診断テスト(EHS)

IIEF5テストの他にも、EDを自分で診断をする方法があります。勃起の硬さスケールと呼ばれるEHS(Erection Hardness Score)です。

硬さのセルフチェック(EHS)での硬さのイメージ

EHSの診断方法は、勃起した陰茎の硬さを物にたとえながら、5段階で判断するというものです。これにより「軽度のED」か「重度のED」かの判断が簡単に行えます。病院で治療を受ける際にも、勃起の状態を医師に客観的に伝えられるため、素早く診断を受けられます。

EHSの項目は以下の5つです。

  • グレード0:陰茎は大きくならない。
  • グレード1:陰茎は大きくなるが、硬くはない。(こんにゃくくらいの硬さ)
  • グレード2:陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない。(みかんくらいの硬さ)
  • グレード3:陰茎は挿入には十分硬いが、完全には硬くはない。(グレープフルーツくらいの硬さ)
  • グレード4:陰茎は完全に硬く、硬直している。(りんごくらいの硬さ)

参考:硬さのセルフチェック(EHS) / ED-info.net

参考:EHS(勃起の硬さスケール) / 日本性機能学会:PDF

硬さのイメージが客観的に伝わるよう、具体的な食べ物でたとえています。患者にも、医師にも、硬さのイメージが伝わりやすいという特徴があります。

EDの診断まとめ

病院で行われるEDの診察は、ほぼ問診のみです。8割近い患者は、簡単な診察だけでED治療薬の処方が受けられます。診察に不安を感じていた方でも、パンツを脱がない、希望すればほぼすべての患者がED治療薬を処方してもらえる、と聞けば「行ってみようかな?」と思うのではないでしょうか。

診察の際には、自身の病歴や服用中の薬、アレルギーなどを医師に伝える必要があります。これらの情報をもとに、ED治療薬を処方しても大丈夫か医師が判断します。

ED治療薬と併用できない薬は意外に多いものです。うっかり併用して身体に悪影響を及ぼさないためにも、現在服用している薬の種類はきちんと医師に伝えましょう。

普段何気なく通う、近所の内科などと同じように、泌尿器科の門も叩いてみましょう。男性なら特に、EDに限らず泌尿器の悩みがいつでも相談できるよう、かかりつけの泌尿器科医を持つことをおすすめします。

更新日:2017年11月17日 (公開日:2016年07月08日)