レビトラの価格は1錠1900円!価格帯を知って格安購入

レビトラ 価格

「レビトラ1錠あたりの値段はいくら?」「レビトラを安く買えないかな?」

レビトラはバイエル薬品が販売するED治療薬です。病院で処方を受けると、1錠2000円ほどかかる高価な医薬品です。レビトラの入手方法は、病院で処方してもらうだけではありません。もうひとつの入手方法は、個人輸入です。

レビトラを安く入手するには、病院ではなく、あまり知られていない「個人輸入代行サービスを活用できるか」にかかっています。

ここからは、病院と個人輸入のコスト比較や、個人輸入による医療費の節約術を紹介していきます。

レビトラは入手方法によって価格が異なる

レビトラの入手経路は、病院と個人輸入の2つです。同じバイエル薬品製のレビトラを入手するにも、かかる費用は大きく異なります。

まずは単純に、レビトラ20mg錠の「1錠あたり」の平均価格を比較してみましょう。

病院で処方を受ける
レビトラ20mg錠
1,900円

全国600以上の医療機関を調査したレビトラの処方価格をみてみると、レビトラ20mg錠の平均価格は1900円 です。

個人輸入を利用する
レビトラ20mg錠
1,470円

レビトラを個人輸入する(個人輸入代行サービスを利用する)場合の価格は、レビトラ20mg錠の価格は1470円 です。

病院と個人輸入の値段を見比べてみると、個人輸入した方がレビトラ1錠あたり500円ほど安く購入できます。

個人輸入代行サービスなら、日本語で海外通販できる

インターネットが発達した現代では、個人輸入代行サービスの台頭により、海外の商品も通販感覚で簡単に購入できるようになりました。個人輸入の難題だった言語の壁や関税の手続きなども、日本語で運営される個人輸入代行サービスがサポートしてくれます。

費用の総額でレビトラの価格を比較

病院でレビトラを処方してもらう際には、診察料(初診費・再診費)や処方せん料も支払わなければなりません。レビトラ20mg錠の価格を1900円と紹介しましたが、実際に処方を受けるためには、薬代以上のお金がかかってしまいます。

レビトラを個人輸入する場合は、海外から商品を配送したもらい、レビトラを受け取ります。レビトラ20mg錠の価格を1470円と紹介しましたが、輸入するための運賃も必要になるため、こちらも薬代以上のお金がかかってしまいます。

では、病院と個人輸入とで、実際にかかる費用の総額を比べてみましょう。

病院は1錠あたり3,150円

バイアグラの価格を紹介した記事にあるように、病院では初診料や診察料として5,000円から10,000円前後の費用がかかります。

病院によって初診料や診察料は大きく異なるため、ここではそれらの費用を一律で5,000円と想定します。レビトラ錠は4錠(1箱)を購入した場合の、1錠あたりの価格を使用します。

診察後に処方されるレビトラは、薬代の他に診察料や処方せん料がかかります

初診でレビトラ20mgを4錠購入した場合の総額

  • レビトラ20mg:7,600円(1,900円×4錠)
  • 診察料:5,000円(初診料に処方せん料含む)
  • 総額:7,600円+5,000円=12,600円
  • 1錠あたりにかかる費用:3,150円

詳しいED治療薬の平均価格については「ED治療の費用は2000円程度から!費用は症状が軽ければ安くすむ」の記事も合わせてご覧下さい。

参考:EDの治療費 / 烏山肛門大腸泌尿器クリニック

参考:EDの治療費 / たけおクリニック

個人輸入サービスなら1錠あたり1,645円

レビトラを個人輸入する場合は、輸入手続きを請け負ってくれる、個人輸入代行サービスを利用すると良いでしょう。現地での商品購入から日本への発送まで、わずらわしい手間を一手に引き受けてくれます。

送料は個人輸入代行サービスによって異なります。ここでは、「レビトラ 個人輸入」とGoogle検索した際、2017年6月時点で1ページ目に表示される「あんしん通販薬局」の総量で計算します。レビトラ錠は4錠(1箱)を購入した場合の、1錠あたりの価格を使用します。

PCで注文できる個人輸入サービスで購入できるレビトラは、薬代の他に送料がかかります

個人輸入代行サービス(あんしん通販薬局)でレビトラ20mgを4錠購入した場合の総額

  • レビトラ20mg:5,880円(1箱4錠入り)
  • 送料:700円(日本国内向け)
  • 総額:5,880円+700円=6,580円
  • 1錠あたりにかかる費用:1,645円

参考:レビトラ20mgの商品ページ / あんしん通販薬局

病院の診察料、個人輸入代行サービスの送料は、購入先によって金額が変わります。病院でも「診察料が無料」、個人輸入代行サービスでも「送料が無料」「一定の購入金額によって送料無料」など様々です。

病院でも個人輸入代行サービスでも、思わぬ高額請求は避けたいものです。費用を事前にホームページで確認したり、電話やメールで問い合わせたりすると良いでしょう。

価格面では個人輸入が圧倒的にお得

レビトラ20mg錠、1錠あたりにかかる費用は、病院が3,150円、個人輸入代行サービスが1,645円でした。

個人輸入サービスを使ってレビトラの価格の安さに驚きます

個人輸入代行サービスなら、病院価格の半額ほどで、レビトラが購入できます。商品自体は海外版と言えども、製薬メーカーも有効成分も同じです。個人輸入代行サービスを利用することで、自宅に居ながらレビトラを簡単に購入でき、なおかつ治療費も抑えられます。

節約ポイント1:まとめ買いで最大18%オフ!

個人輸入代行サービスを利用するうえで、レビトラの価格をさらに安く抑える方法を2つ紹介します。

個人輸入サービスの多くは、同じ商品をまとめて購入することで値引き(まとめ買い割引)されます。今回紹介した「あんしん通販薬局」でも、まとめ買いのサービスを実施しています。

レビトラ20mgをまとめ買い!1錠あたり1,219円

箱数 錠数 価格(通常・割引) 値引き 1錠
1 4 5,880円→5,880円 0円 1,470円
2 8 11,760円→10,702円 1,058円
9%オフ
1,337円
3 12 17,640円→15,417円 2,223円
13%オフ
1,284円
5 20 29,400円→24,732円 4,668円
16%オフ
1,236円
7 28 41,160円→34,159円 7,001円
18%オフ
1,219円

一度に買うレビトラの個数によって、割引率は変わります。多く買えばその分、割引率が上がり、1錠あたりの値段も安くなるのです。7箱まとめ買いした時の割引率は18%。レビトラ20mg錠の価格は、1錠あたり1,200円まで下がります。

参考:レビトラ20mgの商品ページ / あんしん通販薬局

節約ポイント2:格安ジェネリックなら1錠140円!

海外でのみ販売されている「レビトラのジェネリック医薬品」を利用すれば、費用をさらに安く抑えられます。

アジャンタファーマ社が製造するレビトラのジェネリック医薬品のバリフ20mg

レビトラのジェネリック医薬品は、日本国内では流通していません。個人輸入代行サービスだからこそ手に入る、日本未発売の商品です。主成分がレビトラと同じバルデナフィルなら、レビトラ特有の早く硬い勃起の効果が、低価格で得られます。

ジェネリック×まとめ買いの最強コンボ

レビトラのジェネリック医薬品のなかでも人気の商品、バリフ(VALIF 20)の価格を紹介します。

バルデナフィルを20mg含有する「バリフ20mg錠」は、10錠入って2,680円です。1錠あたり268円という、信じられないような低価格で購入できます。個人輸入代行サービスを利用してレビトラ20mg錠を購入すると、1錠あたり1,645円でした。そのレビトラと同等の効果を持つ商品が、84%オフというお得な価格で購入できます。

さらに、このバリフも「まとめ買い割引」を利用することで、さらに1錠あたり140円まで価格を下げることができるのです。

病院でED治療を行うとなると、定期的に病院に通って、レビトラを購入し続けなくてはなりません。通院だけでも時間がかかるうえに、病院でレビトラを買うとなれば、金銭的な負担も大きくなりますよね。

その点、個人輸入代行サービスを利用すれば、低価格なジェネリック医薬品の取り扱いがあります。まとめ買いで値引きもされるので、気楽に治療に取り組めます。

参考:バリフ20mgの商品ページ / あんしん通販薬局

レビトラの価格まとめ

病院でレビトラの処方を受ける場合、1錠あたりにかかる費用は3,150円です。個人輸入代行サービスを利用すれば、1錠あたりにかかる費用は1,645円と半額程度で済みます。

個人輸入代行サービスは、海外製品の購入もサポートしてくれるうえに、病院よりも安くレビトラが購入できます。個人輸入代行サービスならではの「まとめ買い割引」や「海外製のジェネリック医薬品」を活用すれば、ED治療にかかる費用をさらに下げられるのです。

レビトラを定期的に購入できるからこそ、継続的なED治療が可能です。その継続性を実現する鍵が、レビトラを低価格で購入できる、個人輸入代行サービスだといえます。

更新日:2017年11月08日 (公開日:2016年09月15日)