公開日
2016/09/30
更新日
読了時間の目安
3分30秒で読めます
ざっくりまとめると
服用から45分後が一番硬くなる!レビトラを飲むタイミングは本番45分前がベスト。
用法と用量を守って飲めばちゃんと効く!飲み過ぎはNG!
レビトラの効果を下げないために、服用前は多量の食事や飲酒を避けましょう。

レビトラの最大の特長は「飲んでから勃起するまでの時間が短い」ことです。効果が出るまでの時間を計算して飲めば、勃起が最も硬くなるベストタイミングで挿入できます。

レビトラを飲むときに大事なのは服用のタイミングです。また、レビトラの効果を安定させるためには、正しい飲み方を守るのも大切です。知らないとうっかりやってしまいがちな、間違った飲み方も把握しておけば、安心してレビトラを使えるでしょう。

この記事では、レビトラで最高のセックスを実現するために押さえておきたいポイントを紹介します。

【関連】シアリスの飲み方、3時間前がベストタイミング!効かないのはお酒と食事に原因あり

レビトラを飲むベストタイミングは本番45分前!

レビトラを飲む際の鉄則は、本番の「45分前」に飲むことです。MajiでSounyuする45分前。忘れっぽい人は「MS45」と覚えておきましょう。

レビトラを利用する最大のメリットは「勃起の早さ」です。ED治療薬にはそれぞれ強みがあります。バイアグラはジェネリック医薬品が作られているため、最も安く入手できます。シアリスは勃起の持続時間の長さや、食事の影響の低さに秀でています。そして、レビトラは、ED治療薬の中で最も早く勃起できる薬なのです。

レビトラは、服用してから45分後に、効果が最も高まります。レビトラのメーカー「バイエル薬品株式会社」が作成した資料を見てみましょう。以下のグラフは、レビトラの有効成分、「バルデナフィル」が体内で広がってから消えるまでの推移を表したものです。

レビトラの効果の強弱は「医薬品の血中濃度」から分かります。血中濃度とは、血液中に含まれた薬の成分の濃度のことです。血中濃度が高ければ、それだけ効果が強くなります。

3つの折れ線は、○が10mg、●が20mg、△が40mgのレビトラを飲んだときのデータです。40mgは試験のため特別に用意されたものです。グラフを見てみると、血中濃度はおよそ1時間のところで最大になっていますね。添付文書では、「投与後0.75時間にピークに達し、以後約3.2~5.3時間の半減期で速やかに消失した」と記載されています。このことから、レビトラの血中濃度、つまり、効果の強さが最も高まるのは、服用から45分後であることがわかります。

基本はコレ!レビトラの正しい飲み方

レビトラの効果をしっかりと得るために、基本的な「正しい飲み方」を知っておきましょう。大切なのは「1回あたりの用量」「続けて飲むときの間隔」です。これを守ることで、「効果が出るまでの時間」や「勃起の硬さ」など、効果のブレを最小限に抑えられ、安定した効果が得られます。また、間違った飲み方だと、性行為に十分な効果が出ないどころか、重い副作用のリスクが高まります。

飲みすぎないこと!用量は1回あたり最大20mg

レビトラは、日本国内で5mg、10mg、20mgの錠剤が処方されています。1回に飲んでいい用量は1回につき1錠です。ただし、5mgに限っては、効果がなければ1回に2錠を服用できます。

効果が弱いからといって、自己判断で10mgを2錠飲んだり、20mg以上飲んだりしてはいけません。血中濃度が高くなりすぎると、強い副作用が出る恐れがあります。メーカーが定めた「1回1錠、最大用量は20mgまで」という基本ルールを守りましょう。

続けて飲むときは24時間空ける

レビトラの服用は1日1回と決められています。連続して服用する場合は、前回の服用から24時間以上、時間を空けてください。レビトラを飲んでも十分な効果が出なかったからといって、24時間以内に追加して飲んでしまうと大変危険です。

レビトラの成分が体内から抜けるまで、24時間かかります。体内から成分が抜け切る前に、追加でレビトラを服用すると、成分の血中濃度が高くなりすぎる恐れがあります。レビトラの効果が強くなる反面、副作用のリスクも上がってしまうのです。

重い副作用が起こっては性行為どころではなくなってしまいます。レビトラを安全に使うためにも、服用回数は必ず守りましょう。

ぬるま湯で飲んで効果アップ

レビトラは、水やぬるま湯で飲みましょう。そうすることで、薬が効果的に吸収されます。お酒やジュースなどで服用すると、飲み物に含まれる成分の影響で、効果が弱くなったり副作用を起こす恐れがあります。

ED治療専門クリニックのホームページでも、コップ1杯の水かぬるま湯で飲むことが推奨されています。効果的にレビトラを飲むには、一般的なコップ1杯(200ml)のぬるま湯がおすすめです。ぬるま湯で飲むと、胃の中でレビトラが効果的に溶け、吸収されやすくなります。

飲んだのに勃たない!?レビトラの間違った飲み方

男女が夜を共にする前に、食事やお酒は付き物です。ディナーのあとで雰囲気がよくなってホテルへ行く、というパターンも多いでしょう。しかし、レビトラは食事の内容やお酒の量によっては、効果が弱くなってしまうので注意しましょう。レビトラの効果を弱めてしまう間違った飲み方を紹介します。

食後に飲むと薬がうまく吸収されない可能性がある

レビトラを効果を安定させるために、必ず空腹時に服用しましょう。

レビトラは、先に作られたバイアグラよりも食事の影響を受けにくいといわれています。しかし、お腹いっぱいになるまで食べ過ぎたり、脂っこいものを多く食べたりすると薬の成分がしっかりと吸収されなくなります。その結果、効果が弱くなってしまうのです。

バイエルが作成した資料には、食事がレビトラの効果に影響を及ぼすことを示すデータがあります。

上のグラフは、バルデナフィルの血中濃度を、時間ごとに表しています。△が空腹時▲が食後にレビトラを飲んだ場合のデータです。折れ線の高さが一番高くなっている部分を見てください。黒い折れ線(食後)が、白い折れ線(空腹時)に比べて低くなっているのがわかるでしょう。

レビトラの効果を最大限に引き出すには、できるだけ胃の中を空にして、食べ物に邪魔されることなくレビトラの成分を吸収させることが重要です。

お酒を飲みすぎると勃起が弱くなるので注意!

レビトラを飲む前にお酒を飲むのであれば、少量に留めておきましょう。

レビトラはアルコールの影響を受けにくいといわれています。しかし、お酒の量が多いと、レビトラの効果が弱くなってしまうのです。

性的刺激を感じた脳は、神経を通じて、陰茎に勃起するよう指令を送ります。しかし、アルコールを摂りすぎると、脳の反応が鈍くなります。その結果、性的刺激を受けても、脳からの指令が陰茎に伝わらず、勃起しにくくなってしまうのです。安定した効果を得たいなら、飲酒はなるべく避けましょう。

もしお酒を飲むのであれば、リラックスできる程度の少量にとどめてください。ほどよい飲酒はセックスの緊張をほぐし、リラックスした状態を作ります。

レビトラの飲み方まとめ

レビトラの飲み方で絶対に押さえておきたいポイントは、本番の45分前に飲むことです。そうすることで、陰茎が最も硬くなった状態で本番に臨めます。

安全に使うために、用法と用量を守りましょう。レビトラを1度に飲んでいい用量は20mgまでです。レビトラを追加で飲む場合は、必ず24時間以上空けましょう。また、レビトラの効果を妨げないよう、服用前は食事やお酒を控えましょう。

以上のことに気をつければ、レビトラの効果が最大限に発揮されます。

【関連】レビトラの価格は1錠1900円!価格帯を知って格安購入

参考文献・参考サイト

ベストタイミングは本番の45分前!レビトラの飲み方を守って最硬の勃起に!は、以下のサイトや資料を参考に作成しました。