公開日
2016/09/15
更新日
読了時間の目安
3分00秒で読めます

「レビトラ1錠あたりの値段はいくら?」「レビトラを安く買えないかな?」

レビトラはバイエル薬品が販売するED治療薬です。病院で処方を受けると、1錠2000円ほどかかる高価な医薬品です。レビトラの入手方法は、病院で処方してもらうだけではありません。もうひとつの入手方法は個人輸入です。

レビトラを安く入手するには、病院ではなく、あまり知られていない「個人輸入代行サービスを活用できるか」にかかっています。

ここからは、病院と個人輸入のコスト比較や、個人輸入による医療費の節約術を紹介していきます。

レビトラは入手方法によって価格が異なる

日本国内でレビトラを入手するには、病院で処方してもらう方法と個人輸入を利用する方法の2種類があります。

そこで、病院での処方と個人輸入を利用する場合で、レビトラの価格はどのような違いがあるのかを調べました。

調査方法は、病院処方の価格はED(勃起不全)の診断や治療ができる病院検索|ED治療病院ナビに掲載されている価格を、個人輸入での価格は、検索エンジンにて上位に表示された個人輸入代行サイトから10サイトを対象に調査しました。

その結果、病院と個人輸入の価格を比較すると、個人輸入の方が1錠あたり540円ほど安く購入できることが分かりました。

病院処方と個人輸入でのレビトラ20mgの平均価格

病院で処方
1,900円
個人輸入で購入
1,366円

個人輸入代行サービスなら、日本語で海外通販できる

インターネットが発達した現代では、個人輸入代行サービスの台頭により、海外の商品も通販感覚で簡単に購入できるようになりました。個人輸入の難題だった言語の壁や関税の手続きなども、日本語で運営される個人輸入代行サービスがサポートしてくれます。

諸費用込みでレビトラの価格を比較

病院でレビトラを処方してもらう場合、処方薬の代金以外にも、診察料(初診費・再診費)や処方せん料を支払う必要があります。

個人輸入は、注文・配送手続の代行、また、輸入に伴う送料がも必要になるため、やはりの薬の代金以上のお金がかかります。

これら、薬の代金以外のコストも含めた、実際にかかる費用のを比べてみましょう。

病院は1錠あたり3,150円

病院処方では、初診料や診察料として5,000円から10,000円の費用がかかります。ここでは費用を5,000円と想定して計算してみます。

初診でレビトラ20mgを4錠購入した場合の総額

  • レビトラ20mg:7,600円(1,900円×4錠)
  • 診察料:5,000円(初診料に処方せん料含む)
  • 総額:7,600円+5,000円=12,600円
  • 1錠あたりにかかる費用:3,150円

個人輸なら1錠あたり1,366円

レビトラを個人輸入する場合は、現地での商品購入から日本への発送まで、わずらわしい輸入手続きを請け負ってくれる個人輸入代行サービスを利用します。

個人輸入の代行サイトでは、価格以外の料金として送料が記載されています。送料を調べてみると0円から1,000円が一般的な料金となっているようでした。病院処方と同様に最安値の0円と想定して計算してみます。

個人輸入代行サービスでレビトラ20mgを4錠購入した場合

  • レビトラ20mg:5,880円(1,366円x4錠)
  • 送料:0円
  • 総額:5,880円+0円=5,880円
  • 1錠あたりにかかる費用:1,366円

病院の診察料、個人輸入代行サービスの送料は、購入先によって金額が変わります。病院でも「診察料が無料」、個人輸入代行サービスでも「送料が無料」「一定の購入金額によって送料無料」などさまざまです。

病院でも個人輸入代行サービスを使う場合でも、費用を事前にホームページで確認したり、電話やメールで問い合わせたりするとよいでしょう。

価格面では個人輸入が圧倒的にお得

レビトラ20mg錠の1錠あたりにかかる費用は、病院が3,150円に対して、個人輸入代行サービスが1,366円と病院価格の半額ほどでレビトラが購入できます

商品やパッケージは海外版となり少し不安はありますが、実際には製薬メーカーも有効成分も国内で処方されるものと全く同じです。個人輸入代行サービスを利用することで、自宅に居ながらレビトラを簡単に購入できます。

また、個人輸入代行サービスを使うことで、さらに安く購入することもできます。

節約ポイント【1】まとめ買いで最大18%オフ!

個人輸入代行サービスを利用するうえで、レビトラの価格をさらに安く抑える方法を2つ紹介します。

個人輸入サービスの多くは、同じ商品をまとめて購入することで値引き(まとめ買い割引)されます。今回紹介した「あんしん通販薬局」でも、まとめ買いのサービスを実施しています。

レビトラ20mgをまとめ買い!1錠あたり1,219円
箱数 錠数 価格(通常・割引) 値引き 1錠
1 4 5,880円→5,880円 0円 1,470円
2 8 11,760円→10,702円 1,058円
9%オフ
1,337円
3 12 17,640円→15,417円 2,223円
13%オフ
1,284円
5 20 29,400円→24,732円 4,668円
16%オフ
1,236円
7 28 41,160円→34,159円 7,001円
18%オフ
1,219円

参考サイト:レビトラ20mgの商品ページ / あんしん通販薬局

一度に買うレビトラの個数によって、割引率は変わります。多く買えばその分、割引率が上がり、1錠あたりの値段も安くなるのです。7箱まとめ買いした時の割引率は18%。レビトラ20mg錠の価格は、1錠あたり1,200円まで下がります。

節約ポイント【2】レビトラのジェネリック医薬品なら1/10以下の価格!

アジャンタファーマ社が製造するレビトラのジェネリック医薬品のバリフ20mg

海外でのみ販売されている「レビトラのジェネリック医薬品」を利用すれば、費用をさらに安く抑えられます。

レビトラのジェネリック医薬品は、日本国内では流通していません。個人輸入代行サービスだからこそ手に入る、日本未発売の商品です。主成分がレビトラと同じバルデナフィルなら、レビトラ特有の早く硬い勃起の効果が、低価格で得られます。

節約ポイント【3】ジェネリックをまとめ買いの最強コンボ

レビトラのジェネリック医薬品のなかでも人気の商品バリフの価格を紹介します。

バルデナフィルを20mg含有する「バリフ20mg錠」は、10錠入って2,680円です。1錠あたり268円という、信じられないような低価格で購入できます。個人輸入代行サービスを利用してレビトラ20mg錠を購入すると、1錠あたり1,645円でした。そのレビトラと同等の効果を持つ商品が、84%オフというお得な価格で購入できます。

さらに、このバリフも「まとめ買い割引」を利用することで、さらに1錠あたり140円まで価格を下げることができるのです。

病院でED治療を行うとなると、定期的に病院に通って、レビトラを購入し続けなくてはなりません。通院だけでも時間がかかるうえに、病院でレビトラを買うとなれば、金銭的な負担も大きくなりますよね。

その点、個人輸入代行サービスを利用すれば、低価格なジェネリック医薬品の取り扱いがあります。まとめ買いで値引きもされるので、気楽に治療に取り組めます。

レビトラの価格まとめ

病院でレビトラの処方を受ける場合、1錠あたりにかかる費用は3,150円です。個人輸入代行サービスを利用すれば、1錠あたりにかかる費用は1,366円と半額程度で済みます。

個人輸入代行サービスは、海外製品の購入もサポートしてくれるうえに、病院よりも安くレビトラが購入できます。個人輸入代行サービスならではの「まとめ買い割引」や「海外製のジェネリック医薬品」を活用すれば、ED治療にかかる費用をさらに下げられるのです。

レビトラを定期的に購入できるからこそ、継続的なED治療が可能です。その継続性を実現する鍵が、レビトラを低価格で購入できる、個人輸入代行サービスだといえます。

参考文献・参考サイト

レビトラの価格は1錠1900円!価格帯を知って格安購入は、以下のサイトや資料を参考に作成しました。

  1. 参考サイト:EDの治療費 / 烏山肛門大腸泌尿器クリニック
  2. 参考サイト:EDの治療費 / たけおクリニック
  3. 参考サイト:レビトラ20mgの商品ページ / あんしん通販薬局
  4. 参考サイト:バリフ20mgの商品ページ / あんしん通販薬局