公開日
読了時間の目安
1分45秒で読めます

薬剤性EDは、薬の副作用によって起こる勃起不全です。病気の治療のために飲んでいる薬が、勃起する能力を低下させてしまうため、EDの症状があらわれます。EDの原因となる薬は様々です。薬剤性EDになったら、医師に相談して改善策を検討してもらいましょう。

この記事では、薬剤性EDの原因となる薬を紹介します。また、薬剤性EDになったときの対処法も見ていきましょう。

薬剤性EDとは

薬剤性EDとは、特定の薬が原因で勃起できなくなる状態です。常用している薬の作用が、勃起機能を低下させることで起こります。薬剤性EDの原因となる薬の多くは、EDを引き起こす病気の治療薬です。そのため、常用薬を飲んでいるときにEDの症状が出た場合、持病と薬のどちらが原因か判別するのは困難です。

ひとつの病気に対して複数の治療薬がある場合は、全ての薬がEDの原因になるわけではありません。体内での作用により、EDを引き起こす薬とそうでない薬があります。

薬剤性EDを引き起こす薬

薬剤性EDを引き起こす代表的な薬は、高血圧の薬うつ病の薬です。他にも、さまざまな薬がEDの原因となります。

以下は、「ED診療ガイドライン第3版」を参考に、薬剤性EDの原因となる薬をまとめた表です。

【薬剤性EDの原因となる薬】
薬の種類 代表的な成分 主な適応症
利尿薬 ヒドロクロロチアジド 高血圧症
β遮断薬 アテノロール
カルシウム拮抗薬 ニフェジピン
精神神経作用薬 イミプラミン うつ病
5α還元酵素阻害薬 フィナステリド 前立腺肥大症
抗痙縮剤 バクロフェン 痙性麻痺

ED診療ガイドラインをさらに遡ると、旧版には睡眠薬抗てんかん薬脂質異常症の薬なども記載されていました。これらの薬を使っている人は、使っていない人よりもEDになる割合が高いという報告があります。

しかし、上の表にある薬がなぜEDを引き起こすのか、具体的な仕組みは判明していません。薬剤が血液の流れや神経の伝達を妨げ、勃起を阻害するのではないかと推測されています。

薬剤性EDの対処法

常用薬を飲んでいてEDの症状が現れたら、まずは医師に相談しましょう。また、バイアグラをはじめとしたED治療薬も有効です。ここでは、薬剤性EDの対処法について解説します。

薬の服用について医師と相談する

薬の服用中に正常な勃起ができなくなったら、まずは薬を処方してくれた医師と相談しましょう。EDの症状が出ていることを話せば、以下の処置を受けられます。

薬剤性EDの対処法

  • 薬の服用を中止する
  • 薬を飲まない日を設ける
  • 薬の量を減らす
  • 作用の異なる薬に変える

薬剤性EDの原因は薬の副作用なので、常用薬の服用をやめたり、量を減らしたりすれば、症状が改善されます。持病の症状が軽い場合は、できるだけ薬の量を減らしてもらいましょう。持病が悪化する危険性もあるので、薬の量は自己判断で調節せず、必ず医師に相談してください

また、別の種類の薬に変更するのも有効な手段です。同じ効果を持つ治療薬でも、体内での作用が異なるものがあります。働きが異なる薬に変えることで、症状が改善される場合があるのです。

ED治療薬も有効

薬剤性EDの治療には、バイアグラなどのED治療薬が効果的です。ED治療薬は、陰茎内の血流を良くすることで、正常な勃起を促す薬です。内科、泌尿器科、ED専門のクリニックで処方が受けられます。

しかし、常用薬の種類によっては、ED治療薬が飲めない場合があります。例えば、高血圧の薬の多くは、ED治療薬と併用できません。血圧が下がりすぎて、重度の低血圧を起こす可能性があるからです。病院やクリニックでED治療薬の処方を受けるときは、持病や常用薬を医師に伝えましょう。

薬剤性EDのまとめ

薬剤性EDは、薬の副作用が原因で起こる勃起不全です。常用薬の作用が、勃起機能を低下させることで起こります。高血圧やうつ病の治療薬をはじめ、さまざまな薬がEDの原因となるのです。

薬剤性EDは、原因となる薬の量を減らしたり、服用をやめたりすることで、根本的な改善が期待できます。常用薬の量を調節できない場合は、バイアグラなどのED治療薬が用いられます。

EDの症状が出たからといって、自分の判断で勝手に常用薬の服用をやめてはいけません。また、常用薬とED治療薬を自己判断で併用すると、重い副作用が出る危険性もあります。薬剤性EDが疑われても自分で対処せず、まずは医師に相談しましょう。

参考文献・参考サイト

EDの用語集「薬剤性ED」は、以下のサイトや資料を参考に作成しました。