公開日
読了時間の目安
4分15秒で読めます

陰茎海綿体注射とは、陰茎に血管拡張剤を注射することで、強制的に勃起させる治療法です。さまざまなEDに効果を発揮するので、ED治療の最終兵器と言われています。

この記事では、陰茎海綿体注射の概要や効果、副作用について解説します。また、国内では臨床研究の段階にある「陰茎海綿体自己注射」についても紹介。陰茎海綿体注射の使用を検討している場合は、参考にして下さい。

陰茎に薬剤を注射して勃起させる

陰茎海綿体注射(ICI療法)は、陰茎の海綿体に血管拡張剤を注射し、強制的に勃起させる治療法です。EDの治療方法のなかでは、効き目がすぐに出ること、年齢や体調に左右されないことがメリットです。

血管拡張剤で強制的に勃起を促す

陰茎海綿体注射は、年齢や体調に関係なく、血管拡張剤で強制的に勃起を促す治療法です。

勃起は、陰茎のなかにある海綿体という組織に血液が溜まることで成立します。血行が悪くなった海綿体に、プロスタグランジンE1製剤と呼ばれる血管を広げる薬(一般名:アルプロスタジル アルファデクス / 商品名:プロスタンディン)を注射して血流を促します。プロスタグランジンE1は血流を改善する薬で、血行不良による手足の冷え性や痛みに効果があります。EDは陰茎の血行不良が原因なので、陰茎の血流を増やすことで改善できるのです。

陰茎海綿体注射は、年齢や心理状態、体調に関係なく、陰茎を強制的に勃起させます。性的興奮の有無はもちろん、興奮を伝達する神経も介さず、陰茎を強制的に勃起させるのです。そのため、患者の年齢、食事や飲酒の状況、心理面なども関係なく勃起させられます。

効果はすぐに出て2時間くらい勃起が持続する

陰茎海綿体注射は、陰茎の内部に成分を直に注入するため、即効性があります。注射すると10分前後で勃起がはじまるので、すぐに性交に及べるのです。勃起の持続時間は2時間から3時間です。即効性があるものの、効果の持続時間は短いため、性交をすぐに行えるような事前準備が必要です。

費用は1回6000円から1万円

陰茎海綿体注射の費用は、1回につきおよそ6000円から1万円です。

陰茎海綿体注射は、まだ日本で承認されておらず、自由診療扱いになります。費用の目安はあくまでも注射のみの費用です。初診の場合は事前に検査を行う必要もあり、検査費や診察費も加算されます。費用は病院にもよって変わりますが、自由診療での診察・検査になるので、費用が高くなることが予想されます。気になる場合は、病院に問い合わせてみましょう。

利便性には課題が残る

陰茎海綿体注射を用いて性交を行うには、事前に病院に行って注射を打たなければなりません。事前に性交のための計画性が必要となり、使い勝手が悪くて不便です。

陰茎海綿体注射による勃起効果の持続時間は、長く見積もっても3時間ほどと、それほど長くありません。そのため、陰茎海綿体注射を行う場合は、性交への事前準備が必要です。例えば、パートナーに病院付近のホテルで待機してもらうと、スムーズに性交が行えます。

陰茎海綿体注射はほとんどのEDに有効

陰茎海綿体注射は、陰茎を強制的に勃起させるため、ほとんどのEDに対して有効とされています。EDの治療法の中で最も効果が高く、ED患者の最終兵器と言われているのです。

しかし上述したように、治療費は決して安くありません。そのため、陰茎海綿体注射は、ED治療薬を服用しても効果がなかった患者に推奨されています。

陰茎海綿体注射は、以下の患者におすすめです。

  • 常用薬の関係でED治療薬が飲めない
  • 心因性ED
  • 神経系器質性ED

常用薬や持病の関係でED治療薬が飲めない

陰茎海綿体注射は、常用薬や持病の関係で、ED治療薬を飲めない患者も利用できます。

バイアグラに代表されるED治療薬は、心筋梗塞などのニトロ系薬剤を使用していたり、肝臓疾患を抱えていると服用できません。しかし、陰茎海綿体注射は、直接陰茎に注射するため、薬剤も陰茎に留まります。そのため、常用薬や他の臓器にも影響を与えないのです。

バイアグラと相性の悪い病気や体質については、別の記事でも詳しく解説しています。

心因性ED

陰茎海綿体注射は、患者の精神面の影響を受けないため、心因性EDの人にも有効です。

心因性EDの原因は、ストレスやトラウマなどの心理的な要因により勃起しにくい人を言います。心理的な理由により、興奮を感じられず、勃起できないのです。ED治療薬の効果は、勃起機能を低下させる物質の抑制なので、もともと勃起しない心因性EDには効果がありません。陰茎海綿体注射は、海綿体に薬剤を直に注ぎ込むので、性欲の有無すら関係ありません。ED治療薬では効果が出なかった人にもおすすめです。

神経系の器質性ED

陰茎海綿体注射は、神経の損傷によって勃起不全を起こす、器質性EDの患者にも有効です。

器質性EDの原因は、生活習慣病や加齢、手術の後遺症などです。これらの理由で神経が傷つくと、脳で感じた性的興奮が陰茎まで伝えられず、勃起ができなくなるのです。陰茎海綿体注射は、陰茎に薬剤を直に注入するので、脳からの神経伝達が不要なのです。

器質性EDについては、別の記事でも詳しく解説しています。

陰茎海綿体注射の副作用

陰茎海綿体注射(一般名:アピスタンディン)を利用すると稀に副作用が起こります。なかでも危険な副作用は持続勃起症です。

アピスタンディンの国内での副作用データなし

日本国内では(アピスタンディンを陰茎海綿体に投与した場合)副作用の発現頻度の調査は行われていません。アピスタンディンの添付文書にも、陰茎海綿体内投与による副作用は頻度不明とされています。

【アピスタンディンを陰茎海綿体に投与したときの副作用】
頻度不明
過敏症
  • 発疹
  • そう痒
泌尿・生殖器
  • 勃起の延長
  • 陰茎痛
  • 陰茎腫脹
注射部
  • 疼痛
  • 血腫
  • 出血
  • 腫脹
  • 灼熱感
  • 発赤
  • そう痒
循環器
  • 低血圧
  • 胸部絞扼感
  • 発赤
消化器
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 腹痛
その他
  • めまい
  • 発熱
  • 頭痛
  • 悪寒

海外の調査データでは、副作用の種類に加え、発現頻度の調査も行われました。注射を受けた患者の半数に、陰茎の痛み(陰茎痛)があらわれていました。

【海外の調査データ・陰茎海綿体にプロスタグランジンE1を注射した際の副作用】
副作用の種類 発現頻度
陰茎痛 50%
勃起の遷延(4~6時間) 5%
持続勃起症(6時間以上) 1%
海綿体線維化 2%
不整脈・めまい・顔面紅潮など 1%

陰茎海綿体注射の副作用のなかでも特に注意すべきなのは持続勃起症です。

最も危険な副作用は持続勃起症

持続勃起症を発症すると、痛みを伴う勃起が何時間も続きます。海綿体が線維化を起こし、重度のEDになる危険性もあります。

勃起が長時間続くと海綿体が壊死する危険性がある

持続勃起症とは、性欲や興奮とは無関係に、勃起が6時間以上にわたって続く症状です。持続勃起症が起きる原因は、血管や赤血球、神経に異常が生じることで、血液が入れ替わらずに陰茎のなかに閉じ込められるからです。酸素を含んだ血液が流れ込まなければ、陰茎は酸欠と同じ状態になります。酸欠状態を何時間も放置してしまうと、陰茎の海綿体が徐々に壊死しはじめるのです。

海綿体が線維化を起こすと重度のEDになる

壊死した海綿体が線維化しはじめると、血管機能自体が失われて、重度のEDになります。線維化とは、損傷を治すための組織が異常に増えてしまい、正常な組織を壊してしまうことを言います。線維化してしまった海綿体を治すことは不可能なのです。海綿体が血管機能を失うと、陰茎海綿体注射をしても効果はありません。陰茎海綿体注射は、陰茎の血流を活性化させることで、勃起を促すからです。

自己注射はまだまだ途上段階

陰茎海綿体自己注射とは、陰茎海綿体注射を自分で行うことです。自己注射は国内では認可されていないので、注射を行って何らかの問題が発生しても、自己責任になります。

自分で陰茎海綿体注射を行える

自身で注射できれば通院の必要がないため、性交のタイミングに合わせて使用できます。特定の医療機関で、自主研究として陰茎海綿体自己注射を実施しています。

自己注射を行うまでに診察と検査を受ける

陰茎海綿体自己注射を行う前に、まずは患者の病状の診察や検査を受けます。行う検査は、勃起機能検査や血液検査です。その検査結果を経て、自己注射の実施可否の判断がされるのです。自己注射が行える場合、医師から注射のやり方を教えてもらいます。また、薬の効果や持続勃起症などを発症しないかのチェックが行われるのです。

陰茎海綿体自己注射のやり方

陰茎海綿体自己注射は、左手で陰茎を引っ張り、右手で注射します。真上から側面の30度から60度の間を狙い、注射器を奥まで差し込むのです。このとき、陰茎の表面を走る太い血管に刺さないように注意しないといけません。出血が止まらなくなってしまうからです。注射後は、海綿体に薬がいきわたるように手で刺激します。

陰茎海綿体自己注射は文字通り自己責任

陰茎海綿体自己注射は、国から認可されていない施術方法なので、自己責任のもとに治療を行います。陰茎海綿体自己注射を行う場合は、医師から注射の打ち方を教わり、副作用についても理解が必要です。副作用のなかでも、持続勃起症を発症させた際の対応策まで話し合っておかなければなりません。さらに、注射器などの医療器具は、一般ごみでは捨てられないため、適切に処理する必要があります。

陰茎海綿体注射のまとめ

陰茎海綿体注射は、陰茎の海綿体に薬剤を注射し、強制的に勃起させる治療法です。陰茎海綿体注射は即効性があり、年齢や体調にも影響されず、効果が発揮されます。また、ED治療薬が使えない人や効果の出にくい人にも有効な治療です。

副作用のひとつである、持続勃起症には注意が必要です。持続勃起症を放置すると、海綿体が壊死を起こし、重度のEDになる可能性があります。海綿体が壊死すると陰茎海綿体注射が効かなくなることも考えられます。

陰茎海綿体注射を自分で打つ、陰茎海綿体自己注射という方法があります。特定の病院で自主研究の名目で治療が受けられるのです。自己注射は日本では認可されていないため、自己責任での治療になります。

参考文献・参考サイト

EDの用語集「陰茎海綿体注射」は、以下のサイトや資料を参考に作成しました。