公開日
読了時間の目安
2分00秒で読めます

器質性EDとは、身体的な原因で起こる勃起不全です。血管や神経に異常が生じることで、正常な勃起ができなくなります。生活習慣病や加齢が主な原因となるため、若い男性よりも中高年の男性がなりやすいEDです。器質性EDの治療法は、原因によって異なります。

この記事では、器質性EDの原因や治療法について解説します。

器質性EDとは

器質性EDとは、身体機能に問題があるために起こる勃起不全を指します。陰茎につながる血管や神経、男性ホルモンの分泌、陰茎の形などに異常があることで、正常な勃起ができない状態です。「性交するために十分な硬さにならない」「勃起が持続しない」「まったく勃起できない」など、症状の重さには振れ幅があります。

器質性EDの主な原因は「動脈硬化」と「神経の異常」

器質性EDは、様々な原因で起こります。主な原因は、加齢や生活習慣病による動脈硬化です。また、外科手術や事故による神経の損傷、神経に関係する病気も挙げられます。

ここでは、器質性EDの大きな原因となる「動脈硬化」「神経の異常」について、詳しく解説します。

動脈硬化がEDを引き起こす

動脈硬化が起こると、血液を送り出す力が低下するため、EDが引き起こされます。また、粥腫(しゅくしゅ)と呼ばれる脂質の塊により、血流が妨げられてしまうのです。血液の流れが悪くなると、勃起に必要なだけの血液が陰茎に溜まりません

器質性EDの原因となる動脈硬化は、以下の病気や生活習慣によって起こります。

動脈硬化の要因

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 加齢
  • 喫煙

糖尿病はEDとの併発率が高い病気です。また、糖尿病を患っている人は、そうでない人よりも、EDの発症が10年から15年ほど早いとされています。そのほか、加齢や喫煙がEDの大きな原因となるのです。

器質性EDは生活習慣病や加齢が原因となるため、若い男性よりも中高年の男性に多くみられます

神経の異常で勃起できなくなる

神経に異常があると、脳からの指令が陰茎に伝わらず、勃起機能が正常に働きません。通常なら、脳が感じた性的刺激が神経を通して陰茎に伝わり、勃起が成立します。しかし、脳から陰茎に繋がる神経が損傷したり断裂したりすると、脳の指令が陰茎まで伝達されません。そのため、勃起に支障が出てしまうのです。

勃起に影響を及ぼす神経の異常は、以下の要因で起こります。

神経の異常の要因

  • 糖尿病神経症
  • 外科手術による神経損傷
  • 事故やケガによる脊椎損傷
  • 神経に関係する病気

糖尿病になると、神経が傷ついて麻痺してしまいます。また、陰部に近い部位の外科手術が行われた場合、陰茎部の神経が傷つき、EDになる可能性があるのです。膀胱がんや前立腺がんの摘出手術は、精嚢の周りの神経ごと腫瘍を取り除くため、性機能そのものを失うリスクを伴います

器質性EDの治療法

器質性EDの治療は泌尿器科や内科、ED専門のクリニックで受けられます。問診や検査を受けたあと、基本はED治療薬が処方されます。薬が飲めない、または効果がなかった場合は、精密検査を行った上で、別の治療法が検討されるのです。ここからは、器質性EDの治療法について見ていきましょう。

ED治療薬を飲む

器質性EDは、動脈硬化が原因であることが多いので、ED治療薬が有効です。バイアグラをはじめとしたED治療薬は、血管を広げて陰茎に血液が流れるよう促します。神経に障害がある場合でも、ひどく傷ついていたり、完全に断裂したりしていなければ、勃起機能の回復が望めるのです。

ED治療薬を使えば手軽に治療ができますが、一緒に飲んではいけない併用禁忌薬が数多くあるのがデメリットです。また、器質性EDの症状が重い場合、十分な効果が出ません

ED治療薬が効かなければ次のステップへ

器質性EDには、飲み薬以外にも様々な治療法があります。ED治療薬が飲めない、または効果がなかった場合、以下の方法で治療が行われます。

【飲み薬以外の治療法】
治療法の種類 治療の内容
陰圧式勃起補助具 ポンプで陰茎に圧力をかける
陰茎海綿体注射 陰茎に血管拡張薬を注入する
陰茎形成術 陰茎を正常な形にする
テストステロン補充 男性ホルモンを注射する
プロテーゼ法 陰茎内にシリコンの芯を入れる

このように、器質性EDの治療法は、注射や補助具の使用、手術など様々です。原因や症状の重さに合わせて、適切な治療法が選ばれます。

器質性EDのまとめ

器質性EDは、身体機能の異常によって起こる勃起不全です。血液の流れが悪くなったり、神経が傷ついたりすることで、性交に十分な勃起ができなくなります。

器質性EDの主な原因は、生活習慣病や加齢による動脈硬化です。そのため、器質性EDは中高年の男性に多くみられます。ほかにも、外科手術や脊椎の損傷などにより、神経が傷つくことも器質性EDの原因です。

器質性EDの症状が軽い場合の治療では、バイアグラなどのED治療薬が用いられます。症状が重い場合でも、補助具や外科手術など、様々な治療法の選択肢があるのです。