公開日
読了時間の目安
3分15秒で読めます

セマンズ法は、自宅でできる早漏改善のセルフトレーニングです。セマンズ法の特徴は、トレーニングにパートナーの協力が必要な点にあります。パートナーに陰茎を刺激してもらい、射精を我慢することで、射精のコントロール力を身に付けていきます。

この記事では、セマンズ法のやり方を紹介します。また、セマンズ法のメリットとデメリットを記載。そして、セマンズ法をパートナーと長く続けられる秘訣も解説していきます。

セマンズ法は早漏改善テクニックの起源

セマンズ法とは、早漏治療の行動療法のなかでは、最古のトレーニング方法です。

1956年に、イギリス人の泌尿器科医、ジェームス・セマンズが手法を発表しました。彼の名が付いたセマンズ法という呼び方の他に、ストップ・スタート法と呼ばれることもあります。セマンズ法のやり方は非常にシンプルです。ストップ・スタート法という名の通り、陰茎の刺激をスタートして、射精しそうになったらストップ、そのまま射精を我慢します。射精の感覚が収まったら、再び陰茎の刺激をスタートします。陰茎の刺激と射精の我慢を繰り返すことで、射精せずにいられる境界線を自覚して、早漏への恐怖心を取り除きます。

セマンズ法は段階を踏んで行う

セマンズ法はメニューが決まっており、順番に段階をクリアして行います。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. マスターベーションによる練習
  2. パートナーの手淫
  3. オーラルセックス
  4. 騎乗位で挿入
  5. 側臥位で挿入
  6. 正常位で挿入

手順1はセルフ・トレーニングです。手順2からパートナーと協力して行います。2番から3番を前戯として、4番から6番は陰茎を挿入します。パートナーと行う方法を、前半と後半に分けて紹介します。

セマンズ法の前半は手淫やオーラルセックスによる刺激

セマンズ法の前半では、パートナーに手淫とオーラルセックスをおこなってもらいます。まずは手淫からスタートし、自身が射精しそうになったら刺激をやめてもらいましょう。そして、射精感が収まれば再開する、という動作を4回繰り返すのです。手淫での射精を終えれば、今度はオーラルセックスで同じ動作を4回繰り返します。

セマンズ法の後半は性交の体位を変えて行う

セマンズ法の後半では、実際に性交しながら体位を変えていきます。ここでも順番が決められており、騎乗位・側臥(そくが)位・正常位と移行します。それぞれの体位で3回か4回ずつ射精を我慢しながら行い、最終的に正常位での射精を目指すのです。

騎乗位では、女性のペースでゆっくりと性交を行ってもらいます。騎乗位の次は、男性が感じにくい側臥位に移行し、男性が自身で射精コントロールを行うのです。そして、最後は正常位で同じ動作を行います。正常位が最後な理由は、正常位が視覚的な刺激も強く、慣れていないとその刺激に耐えられず射精してしまう可能性が高いからです。

セマンズ法のメリットとデメリット

セマンズ法にはメリットとデメリットがあります。セマンズ法は、50年以上も前から行われている早漏の治療法で、効果は実証されています。しかし、現実的には、即効性がなくパートナーの負担が大きいため、途中でやめてしまうカップルも多いです。

セマンズ法のメリット

セマンズ法のメリットは、薬剤を用いないことや、病気を患っていても性行為さえできれば実施できる点です。また、いちど早漏が改善されれば、効果が継続します。

セマンズ法は自己鍛錬による早漏の改善法なので、薬剤は必要ありません。薬剤を使った早漏の改善と比べると、副作用や飲み合わせを気にしなくてよいのが利点です。一時的にしか早漏を改善できない薬剤治療に比べ、長く効果が実感できるのもセマンズ法の強みです。

セマンズ法のデメリット

セマンズ法のデメリットは、即効性がない点です。またセマンズ法は、ひとりでは一定の効果しか得られないため、パートナーとの共同作業が必要です。

セマンズ法は行動療法です。早漏の克服に向けて治療計画を立て、少しずつ性行為に対する恐怖感をとりのぞいていくため、治療期間は半年から一年が必要です。薬物療法のような、即効性はありません。

セマンズ法はパートナーと協力して行うことで、はじめて高い効果が得られるため、マスターベーションでは限界があります。また、専門家が監修しながら行うわけではないので、治療の効果がパートナーの理解度や技量に左右されます。一番のデメリットは、パートナーの負担が大きいことです。セマンズ法はあくまでも男性側のトレーニングなので、パートナーが忍耐強くなければ継続できません。

セマンズ法の継続にはパートナーへの感謝と愛情が不可欠

セマンズ法を継続させるには、パートナーへの感謝と愛情が必須です。

前述の通り、セマンズ法はパートナーの負担が大きいです。あくまでも男性の射精感に合わせたトレーニング法なので、女性は性行為を楽しめません。その状態が続いてパートナーの不満が蓄積すると、セマンズ法に協力してもらえなくなります。性的なことで不満を感じると、そのままセックスレスになったり、パートナーとの関係に支障が出たりする危険性もあるのです。セマンズ法は、長期的に継続しなければ効果が出にくいトレーニングなので、それだけパートナーへの負担もかかり続けます。パートナーとセマンズ法を継続する秘訣は、パートナーに感謝の気持ちと愛情を持つことです。

訓練行為としてのセマンズ法と愛情表現としての性的行為を分ける

パートナーに協力を継続してもらうためには、同じ性行為をするにしても、セマンズ法と愛情表現は別物と考えましょう。

なぜなら、男性の射精に合わせて行うセマンズ法では、パートナーはオルガズムを感じられないからです。男性だけが気持ちよくなっているとみられ、パートナーに不満を抱かせてしまうかもしれません。このため、セマンズ法はあくまでも、パートナーに協力してもらっている訓練と考えるのです。そして、その訓練とは別の機会に、パートナーを満足させるための性行為を行うのです。また、キスや愛撫など、女性を満足させるための愛情表現をしっかり行いましょう

パートナーを満足させることで、パートナーのセマンズ法へのモチベーションが保たれ、2人で協力しながらトレーニングに励めるのです。

セマンズ法のまとめ

セマンズ法は、パートナーに協力してもらって行う早漏改善トレーニングです。手淫、オーラルセックス、性交とステップアップしながら、それぞれの段階で3回射精を我慢し、4回目で射精を行います。射精欲を抑えることで、射精をコントロールできるようにするのです。

セマンズ法は薬剤を用いないので、副作用や他の疾患との兼ね合いも気にせず行えます。ほかには、早漏が改善されれば効果が長いなどのメリットがあります。

セマンズ法は継続することで、効果を発揮するトレーニング法です。継続させるためにも、パートナーへの感謝と愛情は必須になります。そのためには、セマンズ法とは別に、愛情表現としての性行為をしっかり行いましょう。感謝と愛情が伝われば、セマンズ法を前向きに手伝ってもらえます。