シアリスの効果で勃起力が長時間持続!効果は最長36時間維持

シアリス 効果

シアリスは効き目が長いって本当?シアリスなら食事しても効果には影響ないの?そんなシアリスの効果に関する疑問にお答えします。

「シアリスの特徴」で紹介する内容は以下のとおりです。

ED治療薬のなかでは最長の効果時間

シアリス錠10mg、20mg(タダラフィル)は、勃起不全・勃起障害・ED(Erectile Dysfunction)・インポテンスに対する治療に効果を発揮する医薬品です。泌尿器科クリニックなどで勃起不全の治療を受ける際には、まず最初に選択される治療方法(薬物療法)です。

病院ではあまり見かけない少用量のシアリス錠5mgは、勃起を促す・勃起不全の改善というよりも、血管の健康全般を促進する目的で処方されます。2~3日に1回程度の頻度で、シアリス錠5mgを継続的に服用することで、血管の機能向上が図れるのです。

よく耳にするシアリスの特徴は?

シアリスは、バイアグラ、レビトラに次いで発売されたため、第3のED治療薬と呼ばれています。

シアリスの特徴として、「36時間(なかには48時間!)にわたって効果が持続する」「食事の影響を受けない」「欠点がない」といった評価をするクリニックを多く見かけます。シアリスが別名・ウィークエンドピルと呼ばれる理由は、この36時間(1日半)続く長い効果が、薬の代名詞となっているからです。

実際はどうなのでしょうか?

シアリスを服用する性交前のベストタイミング、効果の持続時間、食事によるシアリスへの影響を詳しく見ていきましょう。

シアリスの効果が現れてからおさまるまで

圧倒的な効果の長さから、向かうところ敵なしといった感のあるシアリスですが、実際に効果はどのくらい続くのでしょうか?

まずはシアリスの販売元であるイーライリリー社が提供する資料(シアリス - 医薬品インタビューフォーム:PDF)をみてみましょう。

シアリス(タダラフィル)5mg、10mg、20mg、40mgの血中濃度推移

効果が最大限に発揮されるのは「3時間後」

シアリスに含まれる成分の量を変えて(タダラフィル5mg、10mg、20mg、40mg)行った試験によれば、血液中に成分があらわれるまでおよそ0.5時間ほどかかり、行き渡る(最高血中濃度到達時間/Tmax)までは成分量に関係なく3.00時間(中央値)かかったとされています。

シアリスの効果が十分に発揮されるまでの時間は、飲んだ用量には影響を受けません。いずれも服用後30分ほどで効果が出はじめ、3時間で効果が最大値に達しています。ただし結果全体を見ると、最高血中濃度到達時間は30分から4時間とかなり幅が大きい結果となっています。

「最短15分」で性交が成功した

シアリスの効果発現時間に関しては、同インタビューフォーム内に詳しい試験結果が記載されています。

シアリス(タダラフィル)10mg、20mgの効果発現時間

勃起不全の男性223名(海外)に対して行った、シアリス錠10mg、20mg、偽薬(プラセボ)の3グループに分けて、効果発現時間を比較した試験結果です。服用後30分から1分ずつ時間を短くして行きます。被験者には1分刻みで「勃起は十分に持続し、性交に成功しましたか?」と質問しています。「はい」と返ってきた分数を指標に、効果の発現時間を求めました。

シアリス10mgを服用したグループでは、性交が可能なくらい勃起が硬くなったタイミングは、服用後26分から30分でした。シアリス20mgを服用したグループは、服用後15分から16分でした。個人差はあるものの、シアリス10mg、20mg共に、最短15分から最長で30分がシアリスの効果発現までの時間といえそうです。

シアリスの添付文書や販売元のイーライリリー社が配布しているシアリスの手引書には、「服用約1時間後から36時間後までシアリス錠の効果は認められています」との記載があります。

シアリス(タダラフィル)錠の勃起を助ける効果は、36時間にわたり認められています。

用量の記載がなく「服用約1時間後」とまとめてぼやかしていますが、もう少し丁寧に且つ誤解がないように書くなら、シアリス10mg錠と20mg錠で、効果の発現時間分ける方がいいでしょう。

シアリス10mg錠の効果が出始めるまでの時間は最短で30分後、シアリス20mg錠なら最短で15分後です。個人差があるものの、おおむね1時間後まで待てば、性交が可能な程度の成分が体に吸収さます。なお、勃起を手助ける効果が最も強く出るのは3時間後です。

5mg、10mg、20mg共に「14時間」で効果は半減

次にシアリスの効果がなくなるまでの時間をみていきましょう。

血液中に広がったシアリスの成分・タダラフィルは、5mg錠なら14.2時間、10mg錠なら14.6時間、20mg錠なら13.6時間経つと効果は半減(消失半減期)します。シアリスの効果時間は、シアリス錠10mg、20mg共に約14時間です。この時間を超えると効果が弱まっていくため、服用前の勃起しにくい状態に徐々に戻っていきます。

なお、薬(成分)が血中から完全に消失する時間は、消失半減期の4倍から5倍が目安とされています。シアリス20mgの消失半減期は13.6時間。消失まで5倍の時間を要するとすれば、服用してから68時間後には、体からシアリス(タダラフィル)の成分は抜ける計算になります。血中濃度のグラフを見る限りでは、68時間後にはまだシアリスの成分が残っています。一般的な医薬品に比べても、タダラフィルは体に残りやすい成分ということが言えそうです。

シアリスの効果「長時間持続」を検証

ここでひとつの疑問が湧いてきます。「シアリスの消失半減期(血中濃度半減期)は約14時間」というデータをどう捉えるか、です。

バイアグラやレビトラと比較すると分かりやすいので、以下にまとめます。

バイアグラ100mg
血中濃度半減期: 3.31時間(約3時間20分)
効果の持続時間: 約6時間
消失速度定数: シルデナフィル50mgの単回経口投与で 0.17hr-1(海外の健康な成人12例のデータ)
レビトラ20mg
血中濃度半減期: 3.98時間(約4時間)
効果の持続時間: 約8時間
消失速度定数: 該当資料なし
シアリス20mg
血中濃度半減期: 13.6時間(約13時間40分)
効果の持続時間: 36時間
消失速度定数: 該当資料なし

血液中から薬の成分が半減した後、体内から薬のが完全に抜け切るまで、だいたい4~5時間かかると言われています。

バイアグラ(シルデナフィル)とレビトラ(バルデナフィル)は、血中濃度が半分になってから、さらに2倍ほどの時間は勃起を促進する効果が残ります。シアリス(タダラフィル)はさらに長く3倍ほどの時間で効果が残っています。

ここからシアリスの成分・タダラフィルは、バイアグラやレビトラに比べると、体から抜ける速度が非常に遅い薬だということが推測できます。

この辺りの特性は、シアリスと他の2医薬品の構造式を比較すれば一目瞭然です。バイアグラ(シルデナフィル)とレビトラ(バルデナフィル)の構造式は非常によく似ている形ですが、シアリス(タダラフィル)だけは全く異なる塊の形です。この形がバルデナフィルの吸収されにくさ、体からの抜けにくさに繋がっています。

シアリスは本当に36時間も効果があるのか?

シアリスの効果が36時間持続する根拠とされる資料があります。

いずれもアメリカで行われた試験データですが、体内の成分濃度等を調べたわけではありません。483名の患者をシアリス10mg、20mg、偽薬の3グループに分けて、質問形式で試験を行いました。

シアリス(タダラフィル)10mg、20mgの効果持続時間

服用してから24時間後、36時間後に「勃起は十分に持続し、性交に成功しましたか?」と聞いて、「はい」と返ってきた割合です。

シアリス服用24時間後に性交できた割合
偽薬: 41.8%
シアリス10mg: 55.8%
シアリス20mg: 67.3%
シアリス服用36時間後に性交できた割合
偽薬: 32.8%
シアリス10mg: 56.2%
シアリス20mg: 61.9%

最も驚きなのは偽薬を飲んだ患者でも3割は36時間後も勃起が持続したという点ですが、このお話は置いておきます。

無条件では信用できない試験データ

試験データでは、シアリス20mg錠を服用した患者のうち、61.9%の患者が36時間後でも「勃起は十分に持続し、性交に成功した」と答えています。統計的にも有意差が認められる割合です。

シアリスの「36時間にわたって効果が続く」という非常に目を引くメリットですが、効果を感じたと答えたのはシアリス10mg錠なら5割、シアリス20mg錠でも6割です。

血中濃度の消失半減期(14時間)のデータも見てきましたが、無条件で盲目的に「シアリスは36時間持続する」と信じ込んでしまうのは止めておいた方がいいでしょう。私たち利用者としては、36時間後も効果が続いていることがある、くらいまでに留めておく方が、実際の現場でも役立ちます。

シアリスは食事の影響を受けない

海外の健康な成人男性に対して、空腹時にシアリス20mgを服用した場合と、高脂肪な食事の後にシアリス20mgを服用した場合に分けて、血中濃度を比較したデータがあります。

シアリス(タダラフィル)20mgの食事の影響

食後の効果にはブレが出る

食後と空腹時を比較したシアリスの血中濃度のグラフを見る限り、食事によって効果が弱まることがありません。逆に食後の折れ線の方が空腹時の折れ線よりも血中濃度の最高値が高いという、「シアリスは食後の方が効果が高い」と言わんばかりのグラフです。

食事の内容に成分が影響したことが理由としては考えられますが、基本的には空腹時に服用した時の方がシアリスの効き目が正確に得られます。

シアリスの効果に関するよくある疑問

シアリス10mgが効かない、効果がない時はどうするの?

まずは正しい使い方ができているか、服用の仕方をもう一度確認してみてください。

シアリスを含めたED治療薬の効果が感じられない場合、原因の多くは食事によって成分の吸収が阻害されることです。食事から8時間以上の間隔をあけるなど、完全な空腹時に飲んでみることをおすすめします。

次の段階で初めてシアリス10mgから20mgへの増量を検討しましょう。シアリス20mgでも効果がない場合は、同等の効果が期待できるレビトラ20mgへの乗り換えがおすすめです。なお、シアリス20mgの効果の強さは、バイアグラなら100mg、レビトラなら20mgに相当するといわれています。

シアリスに依存性はあるの?耐性はつくの?

シアリスはもちろんのこと、ED治療薬(PDE5阻害薬)は脳や精神に影響を及ぼす成分ではないため、依存症はありません。また風邪薬のように、熱を下げたり咳を止めたりする薬でもないため、いわゆる薬剤耐性も起こりません。陰茎を含めた体内の血管機能を改善する薬なので、飲めば飲むほど血管の状態が良くなると考えていいでしょう。

特にシアリスの成分であるタダラフィルには、血管内皮細胞の保護作用(血管年齢を若く保つアンチエイジング作用)があることにも分かってきています。

シアリスの容量を10mg、20mgと増やしたら効果は増すの?

最高血中濃度をそのまま効果の強さとすれば、シアリスを10mg、20mgと増やしていくと、血中濃度に比例した1.6倍の効果増大が想定できます。

シアリスの添付文書に記載されている容量ごとの最高血中濃度(Cmax)を比較すると、5mgの投与で95.6μg/L、10mgの投与で174μg/L、20mgの投与で292μg/Lでした。参考値ですが40mgを投与した場合は446μg/Lです。

ただし摂取する用量を増やすと、徐々に血中濃度は下がる傾向があります。

前立腺肥大症の治療にシアリスを飲んでもいいの?

米国やEU圏の国々では前立腺肥大症の治療にシアリスが用いられます。2015年時点、日本国内では適応が認められていません。国内では前立腺肥大症の治療薬としてシアリスと同じ成分のザルティア錠2.5mg、5mgが発売されています。

なお、前立腺肥大症の治療にシアリスを使用するには、シアリス5mgを1日1回、毎日同じ時間に服用します。

シアリスの効果を5つにまとめる!

シアリスの効果はいかがでしたか?最後にシアリスの効果に関する、主な特徴をまとめます。

  1. シアリスは服用1時間後には性交が可能
  2. 10mgなら最短30分、20mgなら最短15分で効果を発揮することも
  3. 勃起の強さ、硬さは3時間後がピーク
  4. 10mgなら最長24時間、20mgなら最長36時間の効果持続
  5. 食後に服用しても効果に影響なし

血中濃度の最高値が効果のピークと考えた場合、勃起の硬さと挿入のタイミングをうまく合わせるためには、性交の1時間前までにはシアリスを服用するといいでしょう。

とはいえ、シアリスは効果が長時間にわたって持続します。無理に1時間前とは言わずに、半日(6時間)ほど前倒しして服用しておく方が、性交前でも精神的にリラックスできます。食事によって効果が弱まることもないため、精神的に余裕を持って性交を迎えることができます。

シアリスに期待するのは、最長36時間という「効果の持続時間の長さ」、バイアグラ100mgに相当するという「効果の強さ」、そして食事の影響を受けない利便性です。

シアリスの効果に関連する記事

更新日:2017年07月19日 (公開日:2015年10月14日)