バイアグラの副作用を阻止!副作用は飲み合わせと持病に注意

バイアグラ 副作用

「医薬品という性質上、バイアグラには副作用がつきものだ」といわれても、なるべくなら避けたいものです。バイアグラの副作用は、意外にも事前に知っているだけで避けられる症状がほとんどです。バイアグラの副作用を避け、安全かつ効果的に利用するために、禁止されている飲み合わせや相性の悪い病気といった、これだけはおさえておきたいというポイントをまとめました。

バイアグラの副作用を避けるポイントは、禁止されている飲み合わせを守ること、相性の悪い病気や体質を意識することの2つにあります。

禁止されている飲み合わせ

バイアグラを服用すると、勃起不全を治す主作用のほかに、意図しない副作用が出ることがあります。副作用が起きる一番の原因は、別の医薬品との飲み合わせです。バイアグラといっしょに飲んではいけない医薬品は、狭心症や不整脈の治療に用いられる、硝酸剤と抗不整脈薬です。

硝酸剤や抗不整脈薬とバイアグラの併用は絶対に禁止

狭心症の治療に硝酸薬を使用している人、不整脈の治療に抗不整脈薬を服用している人は、絶対にバイアグラを服用してはいけません。

バイアグラと硝酸剤、バイアグラと抗不整脈薬は併用厳禁

硝酸剤や抗不整脈薬には血圧を下げる効果があります。血圧を下げる薬と、血管を拡張して血圧を下げる効果を持つバイアグラとを併用することで、血圧が急激に下がる恐れがあります。急な血圧の低下は、血流の悪化を招きます。一時的に脳内に血液が回らなくなって失神してしまったり、最悪の場合、死に至る可能性があります。血圧の低下を防ぐため、バイアグラと硝酸剤や抗不整脈薬、併用は禁止されています。

バイアグラと併用が禁止されている、硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤

  • ニトログリセリン(商品名:ニトロペン / ミオコール / ニトロダーム / ミリスロールなど)
  • 硝酸イソソルビド(商品名:フランドル / ニトロールなど)
  • 一硝酸イソソルビド(商品名:アイトロール / タイシロールなど)
  • ニコランジル(商品名:シグマート / ニコランマートなど)
  • 亜硝酸アミル(商品名:亜硝酸アミルなど)

バイアグラと併用が禁止されている、抗不整脈薬

  • 塩酸アミオダロン(商品名:アミオダロン / アンカロン)

相性の悪い病気や体質

副作用が起きるもうひとつの原因は、バイアグラを使用する人の持病や体質です。持病や体質によって、血管を拡張する作用が強くなったり弱くなったりすることがあります。またバイアグラに限らず、過敏症やアレルギー反応などの副作用は、主成分だけでなく添加物によっても起こる可能性がある、ということはおさえておく必要があります。バイアグラを飲んではいけない持病や体質には、過去にアレルギーや過敏症をおこした人、医師から性行為を止められている人などがいます。

アレルギーや過敏症をおこした人

過去にバイアグラを服用した際、かゆみや発疹などのアレルギー症状がでた人は、服用が禁止されています。医薬品を飲んだことによって生じる発疹は、薬疹(アレルギー性薬疹)と呼ばれます。からだのなかに医薬品の成分に対する抗体や、成分を異物として攻撃する細胞ができることで発生します。アレルギー症状が強く出てしまうと、高熱が出る、リンパ節が腫れる、肝機能障害が起きるなど、さまざまな症状が出てしまいます。バイアグラの服用を中止しても、症状が悪化することすらあるのです。バイアグラにはシルデナフィルクエン酸塩はもちろん、添加物も含まれています。特定の添加物にアレルギー反応を起こしてしまうこともあるため、アレルギー(過敏症)をおこした経験のある人は、服用を避けましょう。

バイアグラ錠の有効成分

  • シルデナフィルクエン酸塩

バイアグラ錠の添加物

  • 結晶セルロース
  • 無水リン酸水素カルシウム
  • クロスカルメロースナトリウム
  • ステアリン酸マグネシウム
  • ヒプロメロース
  • 乳糖水和物
  • 酸化チタン
  • トリアセチン
  • 青色2号

医師から性行為を止められている人

心血管系障害などを理由に、医師から「性行為が不適当」と診断された人は、バイアグラの服用が禁止されています。心血管障害とは、心筋梗塞、狭心症、大動脈瘤や動脈硬化など、心臓や血管の病気のことです。心臓や血管に負担をかける恐れがあるため、性行為による心拍数の上昇、血圧の上昇は避けなければいけません。また、心臓や血管に負担をかけようにするために、過去6カ月以内に心不全や不安定狭心症、不整脈を発症した人も、バイアグラの服用が禁止されています。

重い肝臓の病気をわずらっている人

肝機能に重い障害をかかえている方は、バイアグラの服用が禁止されています。バイアグラの成分・シルデナフィルは、主に肝臓で代謝され排泄されます。肝臓の機能が低下している場合は、成分の排泄に時間がかかり、成分の血中濃度が高くなる恐れがあります。肝機能障害の程度を示す基準に「Child-Pugh」という指標があります。Child-Pughの指標でclassAであれば、問題なくバイアグラが使用できます。

参考:肝機能障害とED / 新宿ライフクリニック

低血圧の人・高血圧の人

血圧が低すぎる人、または血圧が高すぎる人は、バイアグラが服用できません。

高血圧、低血圧に関わらず、血圧の治療をしている人はバイアグラの副作用に注意

血圧の正常値は、上の血圧が130mmHg未満、下の血圧が85mmHg未満です。低血圧の判断基準は、最大血圧が90mmHg未満、または最小血圧が50mmHg未満です。高血圧の判断基準は、最大血圧が170mmHg以上、または最小血圧が100mmHg以上です。治療薬の有無に関係なく、高血圧の人と低血圧の人は、服用ができないとされています。理由は臨床データがないからです。製薬会社によるバイアグラの臨床試験において、高血圧の人と低血圧の人は事前に除外された経緯があります。

脳梗塞や脳出血、心筋梗塞をおこした人

脳血管に病気のある方、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を起こした方はバイアグラを服用できません。脳梗塞や脳出血などで脳血管に障害が起こると、脳内の血流を調整する機能が、正常に機能しなくなります。バイアグラを服用することで、血管が拡張して血圧が下がります。血流の調整が効かないため、脳血流が低下し、認知症の原因になる恐れがあります。心筋梗塞の病歴をもつ人は、スポーツと同様に性行為そのものが心臓に負担をかけます。発作のリスクを伴うためバイアグラは服用できません。特に心筋梗塞の発作を抑えるニトログリセリン(硝酸剤)は飲み合わせも禁止されています。

網膜色素変性症の人

バイアグラを服用すると網膜色素変性症の病状を悪化させる可能性があります。網膜色素変性症とは、視野が狭くなったり視力の低下が進む症状です。進行の度合いによっては失明に至ることもある目の病気です。網膜には、PDE6という酵素が多く存在します。このPDE6は、目が光を受けたことを脳に伝える重要な役割をしています。バイアグラはPDE5の働きを阻害することで勃起させる効果があります。バイアグラにはPDE5以外にPDE6の働きを阻害する作用もあるため、網膜色素変性症の病状を悪化させる可能性があります。

参考:バイアグラ錠25mg/バイアグラ錠50mg インタビューフォーム / 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構:PDF

ここまでは、バイアグラの副作用を避けるためのポイントを紹介しました。

副作用の具体的な症状

ここからは、バイアグラを利用したときに起こりがちな、軽い副作用を紹介します。ここまで紹介してきた重い副作用が出る条件と比べると、症状の危険度は格段に下がります。

軽い頭痛

頭痛はバイアグラを飲むとあらわれる代表的な副作用です。影響の強さに個人差はあるものの、バイアグラの血管拡張作用によって、誰にでも起き得る症状です。頭痛の症状は軽く、例えるなら「長時間の睡眠を取ったあと、起床時に感じる頭の痛さ」と同程度と考えていいでしょう。

バイアグラ服用後の血中濃度の推移
出典:バイアグラ 添付文書 / 医薬品情報データサービス:pdf

バイアグラを服用した後、血中濃度は30分ほどで最高値に到達します。その後は徐々に減少していきます。頭痛くらいの軽い副作用は、むしろ効果が出てきたサインと判断できます。体内に成分が残っている時間は、効果の持続時間はもちろん、副作用が出る時間とも比例します。血液中の成分は、服用してから3時間ほどで半減するため、効果も副作用も、同じく3時間ほどで減少します。

参考:バイアグラ 添付文書 / 医薬品情報データサービス:pdf

その他の副作用

頭痛以外にも発生率が高い症状は2つあります。顔が赤らんだり熱っぽくなる「ほてり」や「潮紅」です。いずれもシルデナフィルの血管を拡張する作用が顔にあらわれる、副作用のなかでは軽い症状です。報告されている副作用についてまとめます。

バイアグラのよくある副作用は頭痛

バイアグラを飲んだときにあらわれる副作用、実に8割が頭痛、ほてり、潮紅(顔の赤み)、動悸程度の軽い症状です。症状の軽さに加え、副作用があらわれる確率自体が5%程度(ファイザー製薬が市販後に行った調査による)とほんの僅かです。飲み合わせや持病などのマイナス条件に該当しない限り、バイアグラは副作用を心配せずに利用できる医薬品といえます。

以下に、ごく稀にまれに起きる(確率1%未満の)副作用も書き出しました。言ってしまえば「滅多に起きない副作用」のため、ざっと見るくらいで大丈夫でしょう。

めったに起きない副作用

  • 循環器:胸の痛み、動悸(鼓動の乱れ)、頻脈(心拍数の増加)
  • 精神・神経:めまい、傾眠(うとうとする状態)、昏迷(意識障害)
  • 肝臓:AST(GOT)増加
  • 消化器:吐き気、胃腸障害、口の渇き、消化不良、腹痛
  • 泌尿・生殖器:なし
  • 呼吸器:鼻炎
  • 筋・骨格:関節痛、筋肉痛
  • 皮膚:発疹
  • 血液:なし
  • 感覚器:眼充血、結膜炎、彩視症(無色のものに色がついて見える症状)、視覚(視力)障害
  • その他:CK(CPK)増加、疼痛(体の痛み)、熱感(炎症部などが熱く感じる症状)

※AST(GOT):AST(GOT)は、肝臓に多く存在する酵素です。肝細胞に障害が起きると血中にAST(GOT)が漏れだし数値が増加します。数値の増加は、肝臓の機能に障害が起こった症状です。

※CK(CPK):CK(CPK)は、骨格筋(骨格を動かす筋肉)など筋肉細胞に多く存在する酵素です。筋肉細胞に障害が起きると血中にCK(CPK)が漏れだし数値が増加します。数値の増加は激しい運動など、筋肉に付加をかけることなどで起こる症状です。

めったに起きない副作用については、バイアグラの添付文書に詳細が記載されています。どうしても気になるという方はリンクからご確認ください。

参考:バイアグラ 添付文書 / 医薬品情報データサービス:pdf

勃起不全の治療以外に使用した場合の副作用

バイアグラの作用は「陰茎への影響を主とした血管の拡張」です。ED治療以外の目的で使用しても、作用自体は血管の拡張としてあらわれます。ED患者ではない男性が使用する、陰茎自体がない女性が使用する、子作りのために使用するといった場合でも、問題になるような副作用は発生しません。

ED患者以外がバイアグラを使用する

ED患者以外がバイアグラを服用しても、体調にマイナスの変化は起こりません。むしろバイアグラによる身体機能の変化には、心肺機能や運動パフォーマンスが向上するというプラスの変化が起きると考えられます。身体機能の向上に関しては、2008年に開催された北京オリンピックで、バイアグラをドーピング対象にするか検討されたほどです。

運動パフォーマンス向上のためアスリートがバイアグラを服用する

これまでにも説明してきたように、バイアグラには血管を拡張する作用があります。この影響で血流が活発になり、心臓から送り出される血液量が増加します。酸素を体内に多く送ることができれば、運動機能の向上につながるのです。運動機能や心肺機能の向上にバイアグラが活用されるのですから、健康な人がバイアグラを服用しても、基本的には問題ありません。

健康のために服用している人もいるバイアグラの詳細と口コミもあわせてご覧ください。

女性がバイアグラを使用する

バイアグラは男性機能(陰茎)の向上を目的に開発された医薬品ですが、男性機能がない女性が服用しても、基本的には問題ありません。健康な男性が服用したときと同じように、女性が服用しても血流が良くなる、心肺機能を向上するといった健康面でのメリットがあります。勘違いされがちな点として、バイアグラには興奮を促すような作用はありません。女性がバイアグラを飲んで顔が紅潮することはあるかもしれませんが、性欲が増しているわけではなく、単に血管の拡張作用の影響です。

子作りのためにバイアグラを使用する・精子への影響

バイアグラの作用は、陰嚢ではなく血管に働くため、精子には一切影響ありません。バイアグラは、陰茎海綿体に流れ込む血流を増やすことで勃起を促します。精子は陰茎から離れた精巣(睾丸)で作られます。精巣から精嚢に移動した精子は、射精のときは精管を通って体外に射出されます。陰茎海綿体と精管が機能的につながっていないことに加え、シルデナフィルの成分は細胞に影響を及ぼしません。

バイアグラは精子に影響を与えない

ファイザー社がおこなった試験でも、バイアグラの服用による精子の液量、濃度、全体の運動率には悪影響はありませんでした。バイアグラは精子に影響を及ぼさないだけでなく、子作りのプレッシャーによる不安や心配を軽減してくれます。子作りにはメリットが大きい薬といえるでしょう。

精子に影響のないバイアグラの詳細と口コミもあわせてご覧ください。

バイアグラの副作用に関する疑問

最後にバイアグラの副作用に関する2つの疑問を解消します。バイアグラのジェネリック医薬品も副作用のあらわれ方は同じなのか、容量を増やしても副作用のあらわれ方は同じなのか、という疑問です。 ジェネリック医薬品は新薬と同等の効果と副作用があらわれます。成分容量の増減は、患者の体格に関係します。

バイアグラジェネリックの副作用

2014年に日本国内でもバイアグラの製造販売が認可されました。そのため各製薬会社から、バイアグラジェネリックが製造販売されるようになりました。バイアグラと同じ有効成分のシルデナフィルが使用されているため、体内に成分を吸収する速度も同じです。バイアグラジェネリックも、併用できない薬、副作用の頻度もバイアグラと同じです。

国内製のバイアグラジェネリック

  • シルデナフィルOD錠 50mg VI「トーワ」(東和薬品)
  • シルデナフィル錠 50mg VI「YD」(陽進堂)
  • シルデナフィル錠 50mg VI「あすか」(あすか製薬)
  • シルデナフィル錠 25mg VI「FCI」(富士化学工業)
  • シルデナフィル錠 50mg VI「FCI」(富士化学工業)
  • シルデナフィル錠 25mg VI「キッセイ」(キッセイ薬品工業)
  • シルデナフィル錠 50mg VI「キッセイ」(キッセイ薬品工業)
  • シルデナフィル錠 50mg VI「DK」(大興製薬)
  • シルデナフィル錠 25mg VI「SN」(シオノケミカル)
  • シルデナフィル錠 50mg VI「SN」(シオノケミカル)
  • シルデナフィル錠 25mg VI「テバ」(テバ製薬)
  • シルデナフィル錠 50mg VI「テバ」(テバ製薬)

海外製のバイアグラジェネリック

  • カマグラ(KAMAGRA)(アジャンタファーマ社)
  • ペネグラ(PENEGRA)(ザイダスカディラ社)
  • カベルタ(CAVERTA)(ランバクシー社)
  • シラグラ(Silagra)(シプラ社)

参考:ジェネリック医薬品について / 日本ジェネリック製薬協会

参考:バイアグラのジェネリック医薬品について / 浜松町第一クリニック

バイアグラの容量を増やした場合の副作用

バイアグラの容量(服用する錠剤の数)を増やせば、効果も副作用も容量に比例してあらわれます。日本国内で流通するバイアグラ錠(シルデナフィル錠)の最大容量は50mgです。上限の容量50mgとは、日本人の平均的な体格や代謝機能を反映させた上限です。欧米人と比較すると、日本人の体格は貧弱、小柄といえます。海外でバイアグラ100mgが販売されているのは、体格が大きい欧米人向けだからです。体格が小さい日本人には効果が強く出てしまうことが懸念され、100mg錠の国内販売は実現しませんでした。日本人でも体格が大きければ、100mgの容量を使用できます。

個人輸入で購入できるバイアグラ100mgは、そのまま飲んでも問題ありませんが、可能ならピルカッターを活用しましょう。100mg錠を2分割することで、50mgの錠剤として活用できます。コスト面のメリットが大きい活用法として、個人輸入利用者の間で人気です。

バイアグラの副作用まとめ

バイアグラの副作用を避け、安全かつ効果的に利用するためには、禁止されている飲み合わせと相性の悪い病気を避けるという、2つのポイントを守りましょう。バイアグラを飲んで頭痛を感じたり、顔が赤らんだとしても、症状は軽く、時間の経過とともに副作用は改善されます。

またED患者以外がバイアグラを使用しても、体調を悪化させるような、マイナスの副作用はありません。血管を拡張させる作用が働くため、むしろ身体機能の向上が考えられます。

使い方さえわかれば安心なED治療薬バイアグラの詳細と口コミもあわせてご覧ください。

更新日:2017年08月14日 (公開日:2016年07月17日)